Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 値の貼り付けをショートカットキーで

値の貼り付けをショートカットキーで

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

ツールバーのボタンにアクセスキーを表示させることにより、似非ショートカットキー操作ができることをご紹介しました。

この方法がわかると、他のコマンドでも同様に似非ショートカットキー操作することができます。

[スポンサードリンク]
「○○のショートカットキーは何ですか?」といったご質問をいただくコマンドはいろいろありますが、[値の貼り付け]はよくご質問いただくコマンドの一つだと感じています。
▼操作手順:値の貼り付けボタンを作成しアクセスキーを表示する
メニュー[ツール]−[ユーザー設定]をクリック
 ↓
[ユーザー設定]ダイアログ−[コマンド]タブをクリック
 ↓
[分類]欄−[編集]をクリック
 ↓
[コマンド]欄から[値の貼り付け]ボタンを
 任意のツールバー上にドラッグアンドドロップ
 ↓
ツールバー上に作成した[値の貼り付け]ボタン上で右クリック
 ↓
ショートカットメニュー[イメージとテキストを表示]をクリック
 ↓
[ユーザー設定]ダイアログ−[閉じる]ボタンをクリック

上記の操作をすると[値の貼り付け(P)]という文字列の表示されたボタンになり、[Ctrl]+[C]キーなどでコピーを行ってから[Alt]+[P]キーで値の貼り付けを行うことができます。

[Alt]+[P]ではイマイチ操作しづらいということならば、アクセスキーを変更しましょう。

▼操作手順:アクセスキーを変更する
[値の貼り付け(P)]ボタンのアクセスキーを[C]に変更する例

メニュー[ツール]−[ユーザー設定]をクリック
 ↓
[値の貼り付け]ボタン上で右クリック
 ↓
ショートカットメニュー[名前]の
 「値の貼り付け(&P)」を
 「値の貼り付け(&C)」に変更
 ↓
[ユーザー設定]ダイアログ−[閉じる]ボタンをクリック

通常の貼り付けを行うショートカットキーが[Ctrl]+[V]キーなので、[Alt]+[V]で値の貼り付けをできるようにしたいところですが、多くのアプリケーションソフトで[表示]コマンドにアクセスキー[V]が割り当てられてしまっているので、ここでは[C]をアクセスキーとして割り当てる方法をご紹介しました。

[V]キーを[値の貼り付け]コマンドとして割り当て、似非ショートカットキーとして利用するのならば、[表示]コマンドのアクセスキーを[V]以外のキーにしてください。

関連語句
キーボードショートカット

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 値の貼り付けをショートカットキーで

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 値の貼り付けをショートカットキーで

「キーボード操作」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.