Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » SUM関数・オートSUMのショートカットキー−Alt+Shift+=キー

SUM関数・オートSUMのショートカットキー−Alt+Shift+=キー

対象:Excel2000, Excel2002, Excel2003

Excelでもっともポピュラーな関数といえば、なんといってもSUM関数でしょう。

[スポンサードリンク]
多くの方が[標準]ツールバーの[オートSUM]ボタンから入力していると思うのですが、Excel 2000以降ではショートカットキーが割り当てられていますから、SUM関数をよく使う方には便利かもしれません。
▼操作方法:SUM関数を挿入する
[Alt]キー+[Shift]キー+[=]キーを押す

[オートSUM]ボタンを使うのと同じ感覚で使うことができます。

Excel 2000以降のバージョンを、ノートパソコンでお使いの場合は一度試してみてはいかがでしょう。

[Alt]キーを組み合わせたショートカットキーは珍しいので、覚えにくいと感じる方もいらっしゃるようですが、私はAuto Sum の A と S から[Alt][Shit]を連想して、[=]は数式の先頭に必ずつくものだから、という感じて[Alt]+[Shift]+[=]キーを覚えました。

関連語句
キーボードショートカット, ショートカットキー, 短縮キー, Keyboard shortcuts, 数式オートサムのショートカット

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » SUM関数・オートSUMのショートカットキー−Alt+Shift+=キー

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » SUM関数・オートSUMのショートカットキー−Alt+Shift+=キー

「キーボード操作」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.