Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » セルの書式設定ダイアログをキーボードで操作−Ctrl+1

セルの書式設定ダイアログをキーボードで操作−Ctrl+1

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

Excelで一番よく使うダイアログは、[セルの書式設定]ダイアログではないかと思います。

[スポンサードリンク]

書式を設定したいセルで右クリックして、ショートカットメニューから[セルの書式設定]を選択する、という方が多いと思うのですが、キーボードからの操作も試してみてはいかがでしょう。

▼操作方法:セルの書式設定ダイアログをキーボードで操作する
ダイアログを表示する = [Ctrl]+[1]
  ※[1]はテンキーではダメです

タブを切り替える = [Ctrl]+[Tab]または[Ctrl]+[PageDown]

OKする = [Enter]
キャンセルする = [Esc]

キーボード入力しているときには、[Ctrl]+[1]というショートカットキーを使う方がダイアログ表示は楽ではないかと思います。

キーボードからマウスに手を移動し、右クリックして、ショートカットメニューの中でマウスを移動して、クリックするという操作が、[Ctrl]+[1]だけですから。

ダイアログでタブを切り替えるための[Ctrl]+[Tab]や[Ctrl]+[PageDown]、OKのための[Enter]、[キャンセル]するための[Esc]は、[セルの書式設定]ダイアログ特有の操作ではなく、ダイアログ全般で共通の操作です。

OKのときの[Enter]キーは使ってらっしゃる方が多いはずですが、[Ctrl]+[Tab]や[Ctrl]+[PageDown]、[Esc]はご存知ない方も多いようです。

もちろん、すべてキーボードを使った方がいいなんて乱暴なことは言いませんが、ケースバイケースでキーボード操作も使ってみてはいかがでしょう。

関連語句
キーボードショートカット, 短縮キー, Keyboard shortcuts

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » セルの書式設定ダイアログをキーボードで操作−Ctrl+1

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » セルの書式設定ダイアログをキーボードで操作−Ctrl+1

「キーボード操作」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.