Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 数式ではなく、計算結果を残す−F9キー

数式ではなく、計算結果を残す−F9キー

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003
Excelで、計算式は残さずに結果だけを残しておけばいいときがあります。

そんなときにどうしてらっしゃいますか?

電卓で計算をして、その結果をExcelに入力していませんか?

或いはどこか別のセルで計算を行って、[形式を選択して貼り付け]で[値]を貼り付けたりしていませんか?

[スポンサードリンク]
もちろん、大量の計算式から計算結果だけを残す場合は、[形式を選択して貼り付け]で[値]を指定するという操作が楽だと思いますが、1個・2個といった数少ないセルで計算結果だけを残したい場合、以下のような操作が簡単だと思います。
▼操作方法:セルに計算結果を残す
数式を入力し、
 確定時に[F9]キーを押す

通常、数式入力後の確定は、[Enter]キーで行いますが、そのときは当然そのセルには数式が残ります。

この確定時に[F9]を使うことで、計算式ではなく計算結果がそのセルには残るようになるのです。

既に計算式が入力されている場合でも、計算式の入力されているセルを選択後、数式バーをクリックして[F9]キーを押すと、計算結果だけが残ります。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 数式ではなく、計算結果を残す−F9キー

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 数式ではなく、計算結果を残す−F9キー

「キーボード操作」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.