インストラクターのネタ帳

新しい記事

動作検証バージョン:Windows 11 Home + 64bit Access & Excel バージョン 2405(ビルド17602.20000クイック実行)ベータチャネル

「VBA Access Excel ワークシートの数」
といった検索キーワードで、このサイト『インストラクターのネタ帳』へのアクセスが時折あります。

この記事では、Excelのワークシートの枚数や、グラフシートも含むシートの枚数を取得するコードをご紹介します。

続きを読む

動作検証バージョン:Windows 11 Home + 64bit Word バージョン 2405(ビルド17602.20000クイック実行)ベータチャネル

Wordの表で、左端と右端の列の幅を同じように増減させようとすると、手作業ではなかなかに面倒です。

私自身が、上図の「左端の列」「右端の列」と入力されているセルの列幅を、同じように増減させたかったのですが。

それに対処するためのWordマクロを作りました。
列が3つ存在する表で、表全体の幅は変更せず、左端と右端の列の幅を同じ値だけ増減させるマクロです。

続きを読む

動作検証バージョン:Windows 11 Home + 64bit Excel バージョン 2405(ビルド17602.20000クイック実行)ベータチャネル

「selectionchangerで標準マクロ実行」
といった検索キーワードでアクセスがありました。

Excel VBAの、Worksheet_SelectionChangeイベントプロシージャから、

標準モジュール内に作成したSubプロシージャを実行するには、どのような書き方をすればいいのかを調べていらしたのでしょう。

続きを読む

[スポンサードリンク]
動作検証バージョン:Windows 11 Home + 64bit Word バージョン 2404(ビルド17531.20000クイック実行)ベータチャネル

どのOfficeアプリケーションなのか不明ですが、
「vba section 追加」
といった検索キーワードで時折アクセスがあります。

この記事では、Word VBAのSections.Addメソッドを使ったコードをご紹介します。

続きを読む

動作検証バージョン:Windows 11 Home + 64bit Word バージョン 2404(ビルド17531.20000クイック実行)ベータチャネル

最近、複数のセクションに分かれた、200ページほどのWord文書を編集しています。

そのWord文書で、フッターを細かく設定したくなり試行錯誤した結果、罫線の存在しない1行×3列の表を挿入することにしました。
その表内セルの縦方向の配置を変更するための、Wordマクロを作りました。

本文内の表であれば、スタイルを作るほうが良かったと思うのですが、複数セクションの複数フッター内の表であるため、マクロで設定するほうが便利だろと、2024年4月時点の私は判断しました。

続きを読む

動作検証バージョン:Windows 11 Home + 64bit Access & Excel バージョン 2404(ビルド17531.20000クイック実行)ベータチャネル

「accessvba excel 入力範囲全選択」
といった検索キーワードで、このサイト『インストラクターのネタ帳』へアクセスがありました。

Access VBAを使って、Excelのワークシートでデータの入力されているセル範囲を選択するにはどのようなコードを書けばいいのか調べていらしたのでしょう。

続きを読む

動作検証バージョン:Windows 11 Home + 64bit Word バージョン 2404(ビルド17531.20000クイック実行)ベータチャネル

最近、スタイルを適用した200ページほどのWord文書を編集しています。
その編集中に、(置換を失敗したのか)見出しの先頭に半角スペースが存在する状態になっていました。

見出しスタイルを適用した段落が大量にあったため、これを削除するマクロを作成しました。

続きを読む

[スポンサードリンク]
動作検証バージョン:Windows 11 Home + 64bit Excel バージョン 2404(ビルド17521.20000クイック実行)ベータチャネル

今からx分後の時刻を求めるExcelの式をご紹介しました。

VBAであれば、DateAdd関数でx分後の時刻を取得できます。

続きを読む

動作検証バージョン:Windows 11 Home + 64bit Word バージョン 2404(ビルド17521.20000クイック実行)ベータチャネル

Wordで多数のセクションを含む文書を作成していて、どこでセクションが分かれているのかをWord上で確認し辛いと感じています。

その不便を少しでも解消するために、各セクションの最初の段落文字列を取得してイミディエイトウィンドウに出力するWordマクロを作りました。

続きを読む

動作検証バージョン:Windows 11 Home + 64bit Word バージョン 2404(ビルド17521.20000クイック実行)ベータチャネル

MarkdownファイルからWordファイルを作成する必要があり、見出しスタイルを適用するWordマクロを作りました。

最終的にはPandocを使う予感があるのですけれど、スタイルを作りながら作業している関係でWordマクロを作りました。

続きを読む

さまざまな一覧系の記事 ▼

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.