インストラクターのネタ帳

新着記事

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「vba 凡例 フォントサイズ」
という検索キーワードでアクセスがありましたので、いつものように参考となりそうな、シンプルなサンプルをご紹介しておきます。

続きを読む

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「vba usedrange.rows.count 上手くいかない」
という検索キーワードでこのサイト『インストラクターのネタ帳』へのアクセスがありました。

WorksheetオブジェクトのUsedRangeプロパティを使った、
  ActiveSheet.UsedRange.Rows.Count
といったコードで、最終行番号を取得できると思い込んでいた方による検索ではないかと推測しています。

ActiveSheet.UsedRange.Rows.Countは行数を取得するだけ

「ActiveSheet.UsedRange.Rows.Count」は、最終行番号を取得するコードではなく、使われているセル範囲の行数をカウントするコードに過ぎません。

続きを読む

[スポンサードリンク]
対象:PowerPoint2010, PowerPoint2013, Windows版PowerPoint2016

オブジェクトブラウザー:Shapes.AddLine

「powerpoint マクロ 直線 addline」
という検索キーワードでのアクセスに気付きましたので、いつものように簡単なサンプルをご紹介します。

続きを読む

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

ROWS関数

「エクセル rowscount」
「excel 関数 rowscount」
「rowscount関数」
といった、何を探していらしたのか判断に迷う検索キーワードで、アクセスが時折あることに気付きました。

続きを読む

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「エクセル VBA コネクタ 全削除」
という検索キーワードで、アクセスがあることに気付きました

Excelでフローチャート的な図版を作成していた方による検索でしょうか。

続きを読む

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「rangeオブジェクトに対してrangeプロパティを使う」
という検索キーワードでアクセスがありました。

調べてみると、
  Range("B1:D4").Range("B1")
のような、RangeオブジェクトのRangeプロパティを使ったコードを紹介しているページが、

オブジェクトブラウザー:Range.Range

みつかります。

続きを読む

[スポンサードリンク]
対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

オブジェクトブラウザー:TickLabels.NumberFormatLocal

「マクロ 折れ線グラフ 表示形式 日付」
という検索キーワードで、このサイト『インストラクターのネタ帳』へアクセスがありました。

グラフの日付軸で表示形式を設定するには、Excel VBAでどういったコードを書けばいいのか、探していらしたのでしょう。

続きを読む

WSH, Windows Script Host, VBScript

私が最近よく利用しているツールで、一時的なhtmlファイルを自動的に生成するものがあります。

生成されたhtmlファイルは、不具合を生じさせるようなものではないのですけれど、時々削除するほうが私は気持ちよく仕事をできます。

そのために簡単なVBScriptを作りましたので公開しておきます。

続きを読む

Google Analyticsのデータを元に『インストラクターのネタ帳』の、月ごとの人気ページ(アクセス数の多い個別記事)をまとめておきます。

サイト全体のページビュー・ユニークユーザー数などをまとめた、2018年のアクセス概要も合わせてご参照ください。

2018年 6月

順位タイトルPV/日
1位切り捨てしたい・切り上げしたい877.9
2位(↑)千円単位・百万円単位で表示する733.1
3位(↑)COUNTIF関数で空白以外のセルをカウントする689.1
4位(↓)Windows 10で手書き入力するIMEパッドを表示するには667.6
5位(↑)IF関数で○○以上××以下という条件を指定する622.7
6位(↓)IF関数で空白なら空白にする585.9
7位(↑)COUNTIF関数で「○○以上」「○○以下」の指定530.5
8位(↑)数式がそのままセルに表示される498.4
9位(↓)別シートのデータを表示・別シートのセルを参照472.7
10位右から(後から・末尾から)n文字を削除したい437.8
11位(↑)スペースをすべて削除する424.7
12位IF関数で複数条件「かつ」を指定396.3
13位(↓)左から(前から・先頭から)n文字削除する方法395.0
14位差込印刷で桁区切りカンマを表示する392.8
15位(↑)関数で年月のみを表示する335.0
16位縦書きを横書きにするには?330.1
17位(↑)IF関数で空白でない場合・空白でなければの書き方325.7
18位(↓)IF関数で「○○を含む」の指定325.3
19位(↓)VBAのIf文で文字列を含むという条件を指定する314.3
20位(↑)複数セルの文字を一つのセルに314.3

続きを読む

「VBA 来年の年号を取得」
といった検索キーワードに気付きました。

平成は31年(西暦2019年)4月30日までと決まっており、その次の元号・年号を取得したいということでしょうか。

続きを読む

[スポンサードリンク]

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.