Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » VBAの型宣言文字一覧

それほど出番はありませんが、定数や数字などの末尾につけて、どのようなデータ型なのかを明確にする「型宣言文字」がVBA(Visual Basic for Applications)に用意されています。

ヘルプでそれぞれの型から、型宣言文字を確認することはできるのですが、一覧で確認したいということがありますので、型宣言文字と型の一覧を作成しておきます。

[スポンサードリンク]

型宣言文字の一覧

型宣言文字サイズ
%Integer・整数型2バイト
&Long・長整数型4バイト
!Single・単精度浮動小数点型4バイト
#Double・倍精度浮動小数点型8バイト
@Currency・通貨型8バイト
$String・文字列型文字列の長さ
(可変長の場合+10バイト)

型宣言文字の効果を確認するサンプルマクロ

以下のマクロを実行すると、型宣言文字の効果を確認できます。


Sub 型宣言文字の効果を確認する()

 Debug.Print "1", TypeName(1)
 Debug.Print "1&", TypeName(1&)
 Debug.Print "0.1", TypeName(0.1)
 Debug.Print "0.1@", TypeName(0.1@)

End Sub

型宣言文字がついていない場合「1」はInteger、「0.1」はDoubleとなりますが、型宣言文字を付けて「1&」とすればLong、「0.1@」とすればCurrencyにできることを確認できます。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » VBAの型宣言文字一覧

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » VBAの型宣言文字一覧

「エクセルマクロ・Excel VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.