Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » 「Remove」を名前に含むExcelのメソッド一覧

「Remove」を名前に含むExcelのメソッド一覧

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Excel(バージョン2212 ビルド15928.20216 Microsoft Store)

Excel VBAのもっとも基本的な操作対象であるExcelライブラリの場合、何らかの削除を行うメソッドには「Delete」という名前がつけられているケースがほとんどです。

[スポンサードリンク]

オブジェクトブラウザーで「Delete」を完全一致検索すると、下図のように多くのオブジェクトにDeleteメソッドが用意されていることを確認できます。

ですが、一部のメソッドには「Delete」ではなく「Remove」を含む名前がつけられています。

どのようなオブジェクトに、どのようなRemove〇〇メソッドが用意されていて、どのような引数を指定するのか等を眺めたかったので、一覧を作成しておきます。

オブジェクト「Remove」を含むメソッド引数
ControlFormatRemoveAllItemsなし
ControlFormatRemoveItemIndex As Long,
[Count]
RangeRemoveDuplicates[Columns],
[Header As XlYesNoGuess = xlNo]
RangeRemoveSubtotalなし
SlicerPivotTablesRemovePivotTablePivotTable
WorkbookRemoveDocumentInformationRemoveDocInfoType As XlRemoveDocInfoType
WorkbookRemoveUserIndex As Long

ほとんどのメソッドが「Sub 〇〇()」と定義されているため戻り値はありませんが、RangeオブジェクトのRemoveSubtotalメソッドのみ

Function RemoveSubtotal()

と定義されています。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » 「Remove」を名前に含むExcelのメソッド一覧

「エクセルマクロ・Excel VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.