Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロにショートカットキーを割り当てる−マクロダイアログ

マクロにショートカットキーを割り当てる−マクロダイアログ

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

これまでこのサイトでいくつかのマクロをご紹介してきました。

  • ワークシート名一覧を作成したい
  • 非表示シートをまとめて表示したい
  • シートを並べ替えたい
  • マクロでフリガナをふる
  • 登録したマクロを実行する方法はいろいろありますが、頻繁に使うマクロの場合に便利なのはショートカットキーでしょう。

    [スポンサードリンク]
    以下の手順でマクロにショートカットキーが割り当てられます。
    ▼操作手順:マクロにショートカットキーを割り当てる
    メニュー[ツール]−[マクロ]−[マクロ]をクリック
     ↓
    [マクロ]ダイアログ−[マクロ名]欄で
     ショートカットキーを割り当てたいマクロを選択
     ↓
    [オプション]ボタンをクリック
     ↓
    [マクロオプション]ダイアログ−[ショートカットキー]欄に
     割り当てたいキーを入力
     ↓
    [マクロオプション]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック
     ↓
    [マクロ]ダイアログ−[キャンセル]ボタンをクリック

    ショートカットキーは、
    [Ctrl]キーとアルファベットキーの組み合わせ
    または、
    [Ctrl]+[Shift]キーとアルファベットキーの組み合わせ
    を、割り当てることができます。

    アルファベット以外のキーを押して[マクロオプション]ダイアログ−[OK]ボタンをクリックすると、「ショートカットキーは半角のアルファベットでなければなりません。」というメッセージが表示され、登録できません。

    Excelで元々ショートカットとして割り当てられているキーの組み合わせに、マクロのショートカットキーを割り当てた場合、マクロのショートカットキーの方が有効となります。

    現実問題として、[Ctrl]キーとアルファベットの組み合わせの多くに、Excelの元々のコマンドがショートカットキーとして割り当てられていますから、私は[Ctrl]キーとアルファベットの組み合わせにマクロのショートカットを割り当てるよりも、[Ctrl]+[Shift]キーに割り当てる方がいいんじゃないかと思います。

    [マクロオプション]ダイアログ−[ショートカットキー]欄に、割り当てたいキーを入力するときに[Shift]キーを押しながらアルファベットのキーを押せば、[Ctrl]+[Shift]キーとアルファベットの組み合わせをショートカットキーにできます。

    なお、[CapsLock]キーがOnになっているときには、アルファベットキーを押しただけで、[Ctrl]+[Shift]キーとアルファベットの組み合わせとなります。

    [スポンサードリンク]

    Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロにショートカットキーを割り当てる−マクロダイアログ

    Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロにショートカットキーを割り当てる−マクロダイアログ

    「エクセルマクロ・Excel VBAの使い方」の記事一覧

    検索


    Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

    .