Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロボタンをツールバーに作成する

対象:Exce97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

これまでマクロをいくつかご紹介してきました。

作成したマクロの実行方法はいろいろありますが、もっとも基本的な操作はメニュー[ツール]−[マクロ]−[マクロ]をクリックして表示される、[マクロ]ダイアログで実行したいマクロを選択しておいて[実行]ボタンをクリックしたり、実行したいマクロ名をダブルクリックするという操作です。

しかしこの方法は、頻繁に使うマクロではちょっと面倒です。

ドロップダウンメニューからサブメニューを表示させなければいけない点、複数のマクロが存在している場合[マクロ]ダイアログにはたくさんのマクロが表示されてしまう点などが、頻繁に利用するマクロの場合面倒に感じるはずです。

[スポンサードリンク]

頻繁に利用するマクロならば、ツールバーにボタンを作成するのが便利でしょう。


▼操作手順:マクロを実行するボタンをツールバーに作成する
メニュー[ツール]−[ユーザー設定]をクリック
 ↓
[ユーザー設定]ダイアログ−[コマンド]タブをクリック
 ↓
[分類]欄で「マクロ」を選択
 ↓
[コマンド]欄の「ユーザー設定ボタン」を
任意のツールバー上にドラッグアンドドロップ
 ↓
ツールバー上にドラッグアンドドロップしたボタンの上で右クリック
 ↓
ショートカットメニューから[マクロの登録]をクリック
 ↓
[マクロの登録]ダイアログ−[マクロ名]欄で
クリックすると実行したいマクロを選択後、[OK]ボタンをクリック
 ↓
ツールバー上にドラッグアンドドロップしたボタンの上で右クリック
 ↓
ショートカットメニューの[名前]欄を修正
 ↓
[ユーザー設定]ダイアログ−[閉じる]ボタンをクリック

手順はちょっと長いですが、上記の操作で作成したボタンをクリックすれば登録したマクロが実行できるようになり、[マクロ]ダイアログを表示させてマクロを実行するより、格段に便利になると思います。

ショートカットメニューの[名前]欄で入力した文字が、ボタン上にマウスポインタを移動したときにポップヒントが表示されます。マクロ名を入力してもいいでしょうし、マクロ名とは別のわかりやすい簡単な文章を入力しても構いません。

なおボタンの絵柄は、フェイスマーク以外のものにすることもできます。その方法は既にご紹介していますので、以下のネタをご参照ください。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロボタンをツールバーに作成する

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロボタンをツールバーに作成する

「エクセルマクロ・Excel VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.