Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » 引数Replaceを指定できるSelectメソッドを持つExcelのクラス一覧

引数Replaceを指定できるSelectメソッドを持つExcelのクラス一覧

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Excel(バージョン2108 ビルド14326.20238 Microsoft Store)

Excel VBAで、何らかの操作対象を選択するためのSelectメソッドを持つクラスは、たくさんあります。

Excel VBAのSelectメソッド

オブジェクトブラウザーで、ライブラリを「Excel」に限定して「Select」を完全一致検索すると、上図のとおりです。

[スポンサードリンク]

Excel VBAのSelectメソッドは2種類に分類できる

たくさんのクラスに存在するSelectメソッドですが、実は大きく2種類に分類できます。

引数Replaceを指定できるSelectメソッドと、

Excel VBAの引数Replaceを指定できるSelectメソッド

引数を指定できないSelectメソッドの2種類です。

Excel VBAの引数を指定できないSelectメソッド

Excel VBA全体で個数が多いのは、引数を指定できないほうのSelectメソッドです。

引数Replaceを指定できるSelectメソッドを持つクラス一覧

どのようなクラスのSelectメソッドが、引数Replaceを指定できるのか眺めたかったので、一覧を作成してみました。

  • Chart
  • ChartObject
  • ChartObjects
  • Charts
  • OLEObject
  • OLEObjects
  • Shape
  • ShapeRange
  • Sheets
  • Worksheet
  • Worksheets

基本的には、コレクションではない単独のオブジェクトのSelectionメソッドに引数Replaceを指定できれば良さそうなものですが、そうではありません。

  • ChartObjects
  • Charts
  • OLEObjects
  • Sheets
  • Worksheets

といったコレクションのSelectionメソッドでも、引数Replaceを指定できる点に、Excel VBAの歴史を感じます。

最終更新日時:2021-10-19 06:53

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » 引数Replaceを指定できるSelectメソッドを持つExcelのクラス一覧

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » 引数Replaceを指定できるSelectメソッドを持つExcelのクラス一覧

「エクセルマクロ・Excel VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.