Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Excel 2013・2010・2007でマクロを実行するコマンドボタンを作成する-ActiveXコントロール

Excel 2013・2010・2007でマクロを実行するコマンドボタンを作成する-ActiveXコントロール

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

Excel 2007・2010・2013で、マクロを手軽に実行するためのフォームボタンを作成する方法をご紹介しました。

もう一つのボタン、Active Xコントロールのコマンドボタンを作成する手順をご紹介しておきましょう。

[スポンサードリンク]

コマンドボタン作成の概要とフォームボタンとの違い

Active Xコントロールのコマンドボタンのほうが、既にご紹介したフォームボタンよりも、自由度が高いのですが、(その分)操作手順は少々長くなります。


▼操作概要:ActiveXコントロールのコマンドボタンを作成する
[開発]タブ
 -[コントロール]グループ
  -[挿入]
   -[ActiveXコントロール]
    -[コマンドボタン]をクリック
 ↓
ワークシート上でドラッグしてボタンを作成
 ↓
作成したボタン上で右クリックして表示された
 ショートカットメニューから[コードの表示]をクリック
 ↓
表示されたVBEのイベントプロシージャにコードを追加
 ↓
Excelの
[開発]タブ
 -[コントロール]グループ
  -[デザインモード]ボタンをクリックしてデザインモードを解除

フォームコントロールのボタンとActive Xコントロールのボタンの違いはいろいろとありますが、ActiveXコントロールの場合はボタンを作るときのデザインモードと、作られたボタンを利用するモードが明確に分かれている点は、大きな違いの一つです。

デザインモードと、作られたボタンを利用するモードを切り替えているのが、上記の手順の最後の[開発]タブ-[コントロール]グループ-[デザインモード]ボタンをクリックする操作です。

コマンドボタン作成の手順

[開発]タブ-[コントロール]グループ-[挿入]-[ActiveXコントロール]-[コマンドボタン]は下図のボタンです。

Excel 2013・2010・2007でマクロを実行するコマンドボタンを作成する-ActiveXコントロール

ワークシート上でドラッグして作成したコマンドボタンで右クリックすると、下図のようなショートカットメニューが表示され、

Excel 2013・2010・2007でマクロを実行するコマンドボタンを作成する-ActiveXコントロール

[コードの表示]を実行すると、コマンドボタンをクリックしたときに実行されるイベントプロシージャを編集する状態で、VBE(Visual Basic Editor)が表示されます。

表示されたVBEには
 Private Sub CommandButton1_Click()
 End Sub
といったイベントプロージャが表示されているはずです。

このイベントプロシージャに、コマンドボタンをクリックしたときに実行させたいコードを記述します。

マクロを、このイベントプロージャに直接作成しても悪くはありませんが、メンテナンスのことを考えると、Subプロシージャを標準モジュールに作成しておいて、イベントプロシージャ内にはそのSubプロシージャを呼ぶような作りにしておくほうがおすすめです。

例えば標準モジュールに作成した「シートをまとめる」というSubプロシージャ・マクロを実行させたいのなら、
Private Sub CommandButton1_Click()
 Call シートをまとめる
End Sub
といった記述にします。

コマンドボタンの名前を変更する

ワークシート上にコマンドボタンを一つしか作らないのであれば、コマンドボタンの名前はデフォルトのままでも、まあ、いいでしょうが、もしも同じワークシートにたくさんのコマンドボタンを作るのなら、上記のようなイベントプロシージャを作成する前に、コマンドボタンの名前を変更しておくほうがいいでしょう。

コマンドボタンの名前の変更方法は以下の手順です。


▼操作概要:コマンドボタンの名前を変更する
デザインモードの状態で
名前を変更したいボタン上で右クリックして表示された
 ショートカットメニューから[プロパティ]をクリック
 ↓
[プロパティ]ウィンドウ-[(オブジェクト名)]欄で名前を変更する
 ↓
[プロパティ]ウィンドウを閉じる

デザインモードになっていれば、コマンドボタン上で右クリックしたときショートカットメニューが表示されますが、右クリックしてもショートカットメニューが表示されないという場合、デザインモードになっていないわけですから、[開発]タブ-[コントロール]グループ-[デザインモード]ボタンをクリックしてデザインモードにしてから操作を開始してください。

[プロパティ]ウィンドウ-[(オブジェクト名)]欄とは下図の部分です。

Excel 2013・2010・2007でマクロを実行するコマンドボタンを作成する-ActiveXコントロール

デザインモードを終了しても[プロパティ]ウィンドウは自動的に非表示になるわけではありませんので、右上の[閉じる]ボタンをクリックして閉じましょう。

関連語句
VBA, Visual Basic for Applications

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Excel 2013・2010・2007でマクロを実行するコマンドボタンを作成する-ActiveXコントロール

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Excel 2013・2010・2007でマクロを実行するコマンドボタンを作成する-ActiveXコントロール

「エクセルマクロ・Excel VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.