Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » グラフ・Chart » VBAで凡例の位置を指定する

対象:Excel 2010, Excel 2013, Windows版Excel 2016

凡例の書式設定-凡例の位置

グラフの凡例位置を変更するExcel VBAのコードを探している方は、少なくないようです。

インストラクターのネタ帳のアクセスログでも、
「vba 凡例 場所」
「vba 凡例項目 下へ移動」
「vba 凡例 指定位置 配置」
「excel vba 凡例の位置指定」
といった検索キーワードでのアクセスがあります。

[スポンサードリンク]

凡例位置を変更するサンプルマクロ

以下のSubプロシージャが参考になるでしょう。


Sub 凡例の位置を指定する()
 Dim cht As Chart
 Set cht = ActiveSheet.ChartObjects(1).Chart
 cht.Legend.Position = xlLegendPositionTop
End Sub

アクティブなワークシートに埋め込みグラフが存在する状態で、上記のSubプロシージャを実行すると、1つ目のグラフの凡例位置が上(xlLegendPositionTop)になります。

LegendオブジェクトのPositionプロパティで凡例位置を指定できる

LegendオブジェクトのPositionプロパティに、

LegendオブジェクトのPositionプロパティ

XlLegendPosition列挙に定義されている定数を設定することで

XlLegendPosition列挙

凡例の位置を指定できます。

定数名から、凡例がどこに表示されるかを推測できますが、上記のSubプロシージャを少しだけ変更して実行すれば、具体的な位置を確認できます。

上記のSubプロシージャで、凡例位置を設定している代入文の右辺を削除して、ショートカットキー・Ctrl+スペースを押すと、下図のように自動メンバー表示されます。

自動メンバー表示

定数を変更してからSubプロシージャの実行を何度か行ってみれば、どの定数を指定すると、凡例がどこに表示されるかを確認できます。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » グラフ・Chart » VBAで凡例の位置を指定する

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » グラフ・Chart » VBAで凡例の位置を指定する

「グラフ・Chart」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.