Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » グラフ・Chart » VBAでグラフの元データとのリンクを解除する

VBAでグラフの元データとのリンクを解除する

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

Excelのグラフは通常、ワークシートのデータとリンクしていますが、グラフの系列を選択後に、数式バーで[F9]キーを押すことで、ワークシート上の元データとのリンクを解除できます。

この操作を、VBA(Visual Basic for Applications)から行いたいというニーズもあるようです。

このサイト・インストラクターのネタ帳へも
「エクセルvba グラフ元データのリンク解除」
という検索キーワードでのアクセスがあります。

[スポンサードリンク]

グラフの元データとのリンクを解除するサンプルマクロ

グラフを選択した状態で以下のSubプロシージャを実行すると、元データとのリンクを解除できます。


Sub グラフの元データとのリンクを解除する()
 Dim srs As Series

 For Each srs In ActiveChart.SeriesCollection
  With srs
   .Name = .Name
   .XValues = .XValues
   .Values = .Values
  End With
 Next srs
End Sub

サンプルマクロの解説

Seriesオブジェクトの、Name・XValues・Valuesプロパティを、それぞれのプロパティが持つ値に設定してしまえば、元データとのリンクが解除されるわけです。

Series.Nameプロパティが系列名
Series.XValuesプロパティが軸ラベル
Series.Valuesプロパティが系列値
を、それぞれ表しています。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » グラフ・Chart » VBAでグラフの元データとのリンクを解除する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » グラフ・Chart » VBAでグラフの元データとのリンクを解除する

「グラフ・Chart」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.