Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » グラフ・Chart » グラフタイトルを変数に

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

オブジェクトブラウザー:ChartTitle

「エクセル vba グラフ タイトル 変数」
「excel vba グラフタイトル 変数」
といった検索キーワードでアクセスがありました。

Excel VBAでグラフタイトルを変数に代入するにはどうすればいいのか、探していらしたのでしょうか(他の可能性も十分考えられるキーワードですが)。

[スポンサードリンク]

グラフタイトルはChartTitleオブジェクト

「エクセル vba グラフ タイトル 変数」
「excel vba グラフタイトル 変数」
と検索なさった方は、グラフタイトルを単なる文字列と考えていたのではないかと推測しています。

グラフタイトルは単なる文字列ではなくChartTitleオブジェクトです。

オブジェクトブラウザー:ChartTitle

VBEのオブジェクトブラウザーで確認すると、上図のとおりです。

ChartTitleを変数に格納するサンプルマクロ

グラフを選択しておいてから、以下のSubプロシージャを実行すれば、グラフタイトルを変数に格納した様子を確認できます。


Sub グラフタイトルを変数に()
 Dim ttl As ChartTitle
 Set ttl = ActiveChart.ChartTitle
 Stop
End Sub

Stopステートメントで一時停止状態になりますから、メニュー[表示]-[ローカルウィンドウ]でローカルウィンドウを表示してやれば、下図のようにオブジェクト変数ttlに、

ローカルウィンドウ:Chart.ChartTitleの戻り値確認

Chart.ChrtTitleプロパティの戻り値がセットされていることを確認できます。

どんなオブジェクトを返すか不明なときに

この件に限らず、プロパティ等がどんなオブジェクトを返すのかがよくわからないときに、汎用的なObject型やVariant型で宣言した変数に、戻り値をセットしてローカルウィンドウを確認するという方法が使えます。

Chart.ChartTitleプロパティが何を返すのかが不明のときに、以下のようなSubプロシージャを作成しておいて実行します。


Sub sample()
 Dim obj As Object
 Set obj = ActiveChart.ChartTitle
 Stop
End Sub

一時停止状態になったらローカルウィンドウを確認すれば、下図のように返される型を確認できます。

ローカルウィンドウ:Chart.ChartTitleの戻り値確認

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » グラフ・Chart » グラフタイトルを変数に

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » グラフ・Chart » グラフタイトルを変数に

「グラフ・Chart」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.