Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » グラフ・Chart » SeriesCollection.Extendメソッドのサンプル

SeriesCollection.Extendメソッドのサンプル

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Excel(バージョン2112 ビルド14729.20260 Microsoft Store)

「SeriesCollection.extend VBA」
という検索で、このサイト『インストラクターのネタ帳』へアクセスがありました。

Excel VBAのSeriesCollectionコレクションに用意されている、Extendメソッドについて調べていた方による検索です。

[スポンサードリンク]

SeriesCollection.Extendは系列にデータを追加するメソッド

グラフの全系列を表すSeriesCollectionコレクションのExtendメソッドは、

名前のとおり、系列のセル範囲をExtend(拡張)して、データを追加するメソッドです。

簡単なサンプルをご紹介しましょう。

SeriesCollection.Extendを使ったサンプル

下図のような、

(E1:E3セルは含まない)A1:D3セルを元データにしたグラフがアクティブな状態で、以下のSubプロシージャを実行してみてください。

Sub ExtendメソッドでSeriesにデータを追加する()
 ActiveChart.SeriesCollection.Extend _
   Source:=Range("E1:E3"), _
   CategoryLabels:=True
End Sub

元はA1:D3セルのデータだけがグラフになっていましたが、下図のようにE1:E3セルのデータもグラフに含まれるようになります。

引数Sorceには、系列として追加したいセル範囲を指定します。

引数CategoryLabelsにTrueを指定すると、引数Sorceに指定されたセル範囲の先頭セル(上記のサンプルではE1セル)のデータが、項目名(カテゴリ名・軸ラベル)になります。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » グラフ・Chart » SeriesCollection.Extendメソッドのサンプル

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » グラフ・Chart » SeriesCollection.Extendメソッドのサンプル

「グラフ・Chart」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.