Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » RangeクラスのRowHeight・ColumnWidthプロパティを設定できません。とは

RangeクラスのRowHeight・ColumnWidthプロパティを設定できません。とは

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Excel(バージョン2107 ビルド14228.20250 Microsoft Store)

RangeクラスのRowHeightプロパティを設定できません。

「rangeクラスのrowheightプロパティを設定できません」
「rangeクラスのcolumnwidthプロパティを設定できません」
といった検索キーワードで、このサイト『インストラクターのネタ帳』へ時折アクセスがあります。

[スポンサードリンク]

RowHeihgt・ColumnWidthプロパティを設定できないサンプル

「RangeクラスのRowHeightプロパティを設定できません。」
「RangeクラスのColumnWidthプロパティを設定できません。」
実行時エラーが発生する条件は、いくつかあるようですが、以下のSubプロシージャを実行してみてください。

Sub RowHeightを設定できないサンプル()
 Range("A1").RowHeight = 410
End Sub

Sub ColumnWidthを設定できないサンプル()
 Range("A1").ColumnWidth = 256
End Sub

上限値を超えるとRowHeihgt・ColumnWidthを設定できない

Rangeオブジェクトに用意されているRowHeightプロパティColumnWidthプロパティは、設定できる値に限界があります。

その上限を超えた値に設定しようとしたときに、
「RangeクラスのRowHeightプロパティを設定できません。」
「RangeクラスのColumnWidthプロパティを設定できません。」
エラーとなります。

上記のSubプロシージャで右辺に指定している値を、RowHeightプロパティは「409.5」以下、ColumnWidthプロパティは「255」以下にすれば、エラーにならなくなるようです。

実行時エラーの発生している原因・理由を、もう少し推測しやすいメッセージに修正して欲しいと感じます。

最終更新日時:2021-09-01 10:10

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » RangeクラスのRowHeight・ColumnWidthプロパティを設定できません。とは

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » RangeクラスのRowHeight・ColumnWidthプロパティを設定できません。とは

「ExcelVBA Rangeオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.