Home » ネット関連のネタ » アクセスアップの方法−自分を疑え

アクセスアップの方法−自分を疑え

Webサイト運営

Webサイトへのアクセスアップをするためには、コンテンツの充実が重要です。

コンテンツの充実を図る参考として、


といった方法があるということをご紹介してきました。

それ以上に重要なことがあります。

自分自身を疑うということです。
自分が何気なく使っているキーワード・表記を疑うことです。

[スポンサードリンク]

例えばGoogleでWebページを検索をする場面を想像してください。

Excelのマクロ機能について勉強したいと考え
「エクセル マクロ 初心者」
といった検索をする方は少なくありません。

この検索では検索されないページが、大量に存在していることにお気づきですか?

「エクセル マクロ 初心者」
という検索では、
Excelを「エクセル」と表記しているページしか検索されないのです。
Excelを「Excel」としか表記していないページは基本的に検索されません。

Excelを「Excel」と表記しているサイトも含めて検索したいのならば、
「(エクセル OR Excel) マクロ 初心者」
といったOR検索を含めて検索する必要があります。


このことをサイトを作成する場合にも考えるべきなのです。


私自身がやってしまっていたことですが、このサイトでは以前、製品の表記をすべて「Excel」「PowerPoint」とアルファベットでのみ行っていたのです。ですから「エクセル」「パワーポイント」といったカタカナで検索された場合、このサイトがヒットすることは一切なかったのです。

この事実に自分で気づいたときには、自分自身に対しあきれ返りました。

すぐさまTITLEでは「Excel」と「エクセル」、「PowerPoint」と「パワーポイント」という2種類の表記を行うように変更しました。

その結果アクセス数は、100%増とは行きませんでしたが、数十%も増加したのです。

(なお、その時点で既に数百は存在していた全ページのTITLE部分を、大した苦労なく変更できたのはこのサイトをMovable Typeで管理していたからこそです。)


ご自分の使っている表記が一般的かどうか、一度疑ってみてはいかがでしょう。そのとき大いに参考となるのが、Overtureのキーワードアドバイスツールだと思います。

[スポンサードリンク]

Home » ネット関連のネタ » アクセスアップの方法−自分を疑え

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ネット関連のネタ » アクセスアップの方法−自分を疑え

「ネット関連のネタ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.