Home » ネット関連のネタ » アフィリエイトサイトから購入者へキャッシュバック

アフィリエイトサイトから購入者へキャッシュバック

アフィリエイト

アフィリエイトプログラムというのがかなり広まってきたな、という印象があります。

今年になってからは書籍もいろいろと出ていて、私が入手しただけでも以下のような本があります。
ホームページが楽しくなる!アフィリエイト徹底活用術
アフィリエイトではじめる!ホームページウハウハ副業生活
主婦もかせげるパソコンで月収30万

アフィリエイトというのが何ぞやというのは、上記の書籍などを読んでいただくのがいいとは思いますが、簡単に説明を。

上記の書籍へのリンクがわかりやすい例でしょう。
このリンクはInternet上のショップ・Amazonへのリンクとなっていて、もしこの記事を読んでいる貴方が上記のリンクをクリックして書籍を購入すると、このサイト(アフィリエイトサイト)の開設者である私に紹介料ということで、Amazonから売上の数パーセントがもたらされるという仕組みになっています。
このような仕組みがアフィリエイトプログラムと呼ばれています。

アフィリエイトとは「affiliate」というスペルで、「提携する」という意味があります。
耳慣れない言葉なので、このサイトの検索ログを見ていても「アフェリエイト」「アフェリイト」と微妙に違った言葉で検索してる方がいらっしゃいますが、カタカナで表記したときには「アフィリエイト」が一番使われていると思います。

[スポンサードリンク]

従来の広告では費用対効果の測定が非常に難しかったわけですが、このアフィリエイト方式ならば費用対効果の測定が確実にでき、実際に売上が生じたときやなどなんらかの効果が発生したときにのみ広告費が発生するという広告費削減の効果も期待でき、とても注目されているマーケティング手法の一つです。


そんなアフィリエイトプログラムで、購入者にも具体的メリットがあるとても面白い試みをしてらっしゃるアフィリエイトサイトがあったので、ご紹介をさせていただきます。

従来、アフィリエイトサイトとショップサイトとは、ショップサイトからすると広告の費用対効果が明確なこと、アフィリエイトサイト側は実際に収益がもたらされるという面でWin-Winの関係がありました。

一方、アフィリエイトサイトへの訪問者(購入者)とアフィリエイトサイトとの関係は、サイト訪問者はアフィリエイトサイトから情報を得られるというメリットがあっただけでした。それを、アフィリエイトサイトから購入者へキャッシュバックするという極めて具体的な形で還元して、アフィリエイトサイトとサイト訪問者との間もWin-Winの関係にしようという試みを、「350日の節約生活」では、はじめています。


子育て情報・節約情報・ネットショッピングについて記述されていることが多い、子育て主婦系サイトと言っていいWebサイト群がここ数年増えている印象がありますが、「350日の節約生活」はそんなサイトの一つです。


子育て主婦系サイトではアフィリエイトプログラムがかなり積極的に利用されていて、「350日の節約生活」でもアフィリエイトを行っているのですが、あくまでも自分で実際に試したものだけをレビューするという形でアフィリエイトしてらっしゃいます。

実際にその商品を買ってもいないし見てもいないのに、ショップサイトからの報酬だけを期待して、紹介しているアフィリエイトサイトが少なからず存在している中で、「350日の節約生活」のレビューは、とても読みやすい文章で、実際に使った人のみが書き得る内容で、使ってみようかなと思わせるだけの説得力があり、副業としてアフィリエイトを利用する場合の見本のようなサイトだと常々思っていました。


その「350日の節約生活」で「500円もらってください」ということで購入者へのキャッシュバックを行っています。どういう流れになっているかというと、以下のとおりです。


キャッシュバック登録ページで名前やメールアドレスなどを登録
 ↓
ファンケル発芽米やサプリメントなどを購入するためのリンクの記載されたメールが届く
 ↓
メールに記載されているリンクをクリックして実際に購入する
 ↓
「350日の節約生活」から500円がメルマネとして送られてくる


私も早速発芽米を購入して500円キャッシュバックしていただきました。発芽米1Kgを実質500円以下で購入できたことになるので、かなりお得です。

なんでこんなことを始めたのかについては、「キャッシュバックの理由」に書かれていますのでご一読いただくといいでしょう。私があれこれ書くより、納得していただけること請け合いです。

ショップサイトから結構な額の報酬があるからこそできることですが、アフィリエイトサイト→サイト訪問者(購入者)への還元は、より良い情報を提供することくらいしか考えられなかったこれまでとは異なり、明らかに一段階上のステージに上がったアフィリエイトスタイルではないかと、とても興味を引かれています。


ところでアフィリエイトプログラムというは、どこのリンクをクリックしてこのページにやってきたのか(REFERER)がわかることによって成立していますので、REFERERがショップサイトのサーバーで取得できないようなネットワーク環境・PCで買い物をしたときには、どのリンクからそのショッピングサイトに来たのか特定できなくなってしまうので、アフィリエイトサイトに報酬はもたらされません。

つまり貴方が「350日の節約生活」からキャッシュバックを得たいと思った場合も、ショップサイトのサーバーでREFERERが取得できる必要があります。

自分の環境でREFERERが遮断されているか知りたい場合、確認くん←のリンクをクリックして、表示されたページの[どこのURLから来たか]欄を確認してください。
この[どこのURLから来たか]欄に「(none)」と表示されている場合はREFERERが遮断されているはずで、「http://www.relief.jp/itnote/archives/000456.php」と表示された場合は遮断されていません。設定を自分で変更できる場合は遮断を解除し、自分で解除できない(例えば会社LANから接続しようとしている)ような場合は遮断されていないところで買い物しましょう。

特にノートン・インターネットセキュリティなどを使っていると、REFERERが遮断されてしまうようですから、symantecのテクニカルサポートページなどを参考に設定してください。

[スポンサードリンク]

Home » ネット関連のネタ » アフィリエイトサイトから購入者へキャッシュバック

TrackBack:1

TrackBack URL
CBキャンペーン/利用者の声 from 350日の節約生活
500円もらってくださいに書きましたが、初のこころみとしてキャッシュバックキャンペーンをやっています。 9月3日から9月13にちまでキャンペーンサイトをオープンし、沢山の方にご利用いただきました。(その後販売サイトでのルール改定などあり一旦中断、現在は「はじめ...

Home » ネット関連のネタ » アフィリエイトサイトから購入者へキャッシュバック

「ネット関連のネタ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.