Home » Access(アクセス)の使い方 » 行見出しとなる列を表示しておく

対象:Access

Excelのメニュー[ウィンドウ]に、[ウィンドウ枠の固定]というコマンドがあります。行見出しや列見出しを常に表示させておく機能です。

[スポンサードリンク]

Accessのデータシートで、同様のことをするにはどうすればいいでしょうか。

例えば住所録。
氏名・郵便番号・住所・電話番号・FAX番号・携帯電話番号・e-mailアドレスなどのフィールドがあるはずですが、他の項目は画面に表示されなくなったとしても、氏名はずっと表示させておきたいはずです。

Accessでは[列の固定]というコマンドがあり、固定された列はデータシートビューの左にずっと表示されるようになります。


▼操作方法 : 列を固定する
データシートビューで固定したい列をクリック
 ↓
メニュー[書式]−[列の固定]をクリック

固定された列は自動的に左に移動します。

また、 複数の列を固定することもできます。

固定を解除するときには、メニュー[書式]から[列固定の解除]をクリックすればいいのですが、解除された列は元々あった場所に自動的には戻ってくれません。
データシートの左にそのまま残ります。

元の場所に戻すには、フィールドセレクタをクリックしてから、ドラッグして移動しましょう。

[スポンサードリンク]

Home » Access(アクセス)の使い方 » 行見出しとなる列を表示しておく

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Access(アクセス)の使い方 » 行見出しとなる列を表示しておく

「Access(アクセス)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.