Home » Access(アクセス)の使い方 » レコードに表示される「+」記号−サブデータシート

レコードに表示される「+」記号−サブデータシート

対象:Access 2000,2002,2003
テーブルをデータシートビューで表示したとき、レコードセレクタの右に[+](プラス記号)が表示されているのを見かけることがあります。

Access 2000からの機能で、サブデータシートといいます。

リレーションシップを設定した場合、1対多の1側テーブルに[+]が表示され、クリックすると展開されそのレコードとリンクしている多側テーブルのレコードを見ることができます。

クエリを作らなくてもリンクしているデータを参照することができ、なかなか便利な機能です。

[スポンサードリンク]

リレーションシップが設定されていない場合や、リレーションシップの多側テーブルでも手動でサブデータシートを設定できます。


▼操作手順:サブデータシートを設定する
サブデータシートを設定したいテーブルをデータシートビューで表示
 ↓
メニュー[挿入]−[サブデータシート]をクリック
 ↓
[サブデータシートの挿入]ダイアログで、表示させたいテーブル(またはクエリ)を指定
 ↓
リンクするための[リンク子フィールド][リンク親フィールド]を指定
 ↓
[サブデータシートの挿入]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック
 ↓
リレーションシップが設定されていなかった場合、リレーションシップを設定するかを問合せるメッセージが表示されるので[はい]または[いいえ]いずれかをクリック

作成したサブデータシートが不要になった場合は、メニュー[書式]−[サブデータシート]−[削除]をクリックします。

[スポンサードリンク]

Home » Access(アクセス)の使い方 » レコードに表示される「+」記号−サブデータシート

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Access(アクセス)の使い方 » レコードに表示される「+」記号−サブデータシート

「Access(アクセス)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.