Home » Access(アクセス)の使い方 » フリガナをふる

対象:Access 2000,2002,2003
住所録のようなデータベースで、漢字の氏名用フィールドとそのフリガナ用フィールドがあるのは一般的なことです。
[スポンサードリンク]

フリガナのデータ入力をある程度自動的に入力してくれる機能が、2000以降のバージョンのAccessにはありますが利用してらっしゃるでしょうか。


▼操作手順 : ふりがなウィザードを利用する
(「住所録」テーブルの「氏名」フィールドのフリガナを、「シメイ」フィールドに入力する例です)
「住所録」テーブルをデザインビューで表示
 ↓
「氏名」フィールド−[フィールドプロパティ]−[標準]タブをクリック
 ↓
[ふりがな]を選択し、右に表示される[...]ボタンをクリック
 ↓
[ふりがなウィザード]で、
[既存のフィールドを使用する]オプションをOnにし、
「シメイ」フィールドを選択
 ↓
[ふりがなの文字種]を選択
 ↓
[ふりがなウィザード]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

設定されると「氏名」フィールドの[フィールドプロパティ]−[ふりがな]欄に、ふりがなを入力するためのフィールド名「シメイ」が表示されます。

この例は、既に「シメイ」フィールドがあった場合の例ですが、[ふりがなウィザード]で[新しいフィールドを作成し、ふりがなを入力する]オプションを選択すれば、新たにフィールドを作成することもできます。

2000では[フィールドプロパティ]−[ふりがな]はスクロールしなくても見える位置にありましたが、2002からは下の方に移動したので、[フィールドプロパティ]をスクロールしてください。

97以前のバージョンでは残念ながらふりがなウィザード機能はありません。

[スポンサードリンク]

Home » Access(アクセス)の使い方 » フリガナをふる

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Access(アクセス)の使い方 » フリガナをふる

「Access(アクセス)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.