Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Word VBAのBordersやBorderは段落罫線専用ではない

Word VBAのBordersやBorderは段落罫線専用ではない

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Word(バージョン2207 ビルド15427.20210 Microsoft Store)

段落罫線を操作するWord VBAのコードをご紹介しました。

段落罫線を操作するのに使用したBordersコレクションとBorderオブジェクトについて、補足があります。
Word VBAのBordersやBorderは、段落罫線専用のオブジェクトではないのです。

Borders・Borderが段落罫線専用でないことを確認しよう

罫線を表すBordersコレクション・Borderオブジェクトにはたくさんのプロパティが用意されていますが、段落罫線で設定できるプロパティは実はそれほどありません。

Sub Bordersを確認する()
 Dim coll_border As Borders
 Set coll_border = ActiveDocument.Paragraphs(1).Borders
 Stop
End Sub

上記のSubプロシージャを実行してStopステートメントで中断したら、拙著『Excel VBAユーザーのためのWord VBA入門(1)』でも繰り返し行っているように、ローカルウィドウでオブジェクト変数の中身を確認してください。

上図のとおり、Bordersコレクションには「このプロパティは、ページ罫線だけに使用できます。」と表示されたプロパティがたくさんある様子を確認できます。

Itemを展開すると確認できる各Borderオブジェクトにも、

「このプロパティは、ページ罫線だけに使用できます。」と表示されているプロパティがあることがわかります。

これらのプロパティは、(ローカルウィンドウに表示されているとおり)ページ罫線でのみ使えるプロパティで、段落罫線では取得も設定もできません。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Word VBAのBordersやBorderは段落罫線専用ではない

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Word VBAのBordersやBorderは段落罫線専用ではない

「ワードマクロ・Word VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.