Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Word VBAで描画オブジェクト印刷の設定を変更する

Word VBAで描画オブジェクト印刷の設定を変更する

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「word マクロ テキストボックス 印刷」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

2007以降のWordでは、[Wordのオプション]ダイアログ-[表示]-[印刷オプション]-[Wordで作成した描画オブジェクトを印刷する]チェックボックスで、

Word VBAで描画オブジェクト印刷の設定を変更する

テキストボックスや図形などを印刷するかどうかを切り替えることができます。

[スポンサードリンク]

この設定をVBA(Visual Basic for Applications)から変更するには、どのようなコードを書けばいいのかを探していらしたのでしょうか、
「word マクロ テキストボックス 印刷」
という検索をなさった方は。

描画オブジェクト印刷の設定を変更するサンプルマクロ

以下マクロを実行すると[Wordで作成した描画オブジェクトを印刷する]チェックボックスがOnになります。


Sub 描画オブジェクトを印刷するように()

 Options.PrintDrawingObjects = True

End Sub

サンプルマクロの解説

Optionsオブジェクトの、PrintDrawingObjectsプロパティという、そのままの名前のプロパティが、

Word VBAで描画オブジェクト印刷の設定を変更する

[Wordで作成した描画オブジェクトを印刷する]チェックボックスに対応しています。

Optionsオブジェクトを取得するのに、Optionsプロパティを利用しています。

Optionsプロパティを利用するのに「Application.Options」とApplicationプロパティから記述しているコードも、時々見かけますが、Optionsプロパティはオブジェクトブラウザーで確認すればわかるとおりグローバルメンバーですから、

Word VBAで描画オブジェクト印刷の設定を変更する

Applicationプロパティから書く必要はありません。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Word VBAで描画オブジェクト印刷の設定を変更する

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Word VBAで描画オブジェクト印刷の設定を変更する

「ワードマクロ・Word VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.