Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » DefaultFilePathプロパティの定数一覧

対象:Word2003, Word2007, Word2010

Options.DefaultFilePath(wdStyleGalleryPath)というコードで、WordのVBA(Visual Bassic for Applications)から、テンプレートのパスを調べられることをご紹介しました。

DefaultFilePathプロパティは引数に指定する値によっていろいろなパスを取得できます。

DefaultFilePathプロパティの引数として指定できる定数を、ヘルプを参考に一覧にしておきます。

[スポンサードリンク]
定数意味
0wdDocumentsPath文書のパス
1wdPicturesPath図のパス
2wdUserTemplatesPathユーザー テンプレートのパス
3wdWorkgroupTemplatesPathワークグループ テンプレートのパス
4wdUserOptionsPathユーザー オプションのパス
5wdAutoRecoverPath自動バックアップ ファイルのパス
6wdToolsPathツールのパス
7wdTutorialPath学習ソフトウェアのパス
8wdStartupPathスタートアップのパス
9wdProgramPathプログラムのパス
10wdGraphicsFiltersPathグラフィック フィルターのパス
11wdTextConvertersPath文書コンバーターのパス
12wdProofingToolsPath校正ツールのパス
13wdTempFilePath一時ファイルのパス
14wdCurrentFolderPath現在のフォルダー パス
15wdStyleGalleryPathテンプレートのパス
19wdBorderArtPathページ罫線の絵柄のパス

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » DefaultFilePathプロパティの定数一覧

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » DefaultFilePathプロパティの定数一覧

「ワードマクロ・Word VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.