Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » MSゴシックとMSPゴシックって何が違うの−等幅フォント・固定ピッチフォントとプロポーショナルフォント

MSゴシックとMSPゴシックって何が違うの−等幅フォント・固定ピッチフォントとプロポーショナルフォント

Windows全般

フォントにMS ゴシックとMS Pゴシック、MS 明朝とMS P明朝というように、Pがついているのとついてないのがありますが、何が違うのですかというご質問をいただくことがあります。

ざっくり答えるならば、
▼フォント名について
Pのついているものはプロポーショナルフォント
Pのついていないものは等幅フォント(固定ピッチフォント)

という回答になります。

[スポンサードリンク]

で、プロポーショナルフォント・等幅フォントってどういう意味かというと、等幅フォントとはどんな文字でも同じ幅を持ったフォントで、プロポーショナルフォントは文字によって幅が異なるフォントのことです。

等幅フォントはすべての文字の幅が均一ですから、等幅フォントを使って文字を組むと、原稿用紙に文字を書いたように、行方向にも列方向にも文字が揃います。

一方プロポーショナルフォントは文字によって幅が異なっているフォントで、アルファベットを想像する方がわかりやすいでしょう。

「i」と「w」とでは明らかに文字として必要とする幅は異なります。もし「i」と「w」とを同じ幅を使うようなフォントだとしたら、見た目のバランスがとても悪くなります。プロポーショナルフォントでは文字の形を考慮して、文字を組んだときにバランスよく見えるように作られているわけです。

どんなソフトでもいいので、無意味な文字の羅列ですが「iiiiiwwwww」と上下2行に入力して、一方をMSゴシックもう一方をMSPゴシックに指定するとその違いが一目瞭然です。MSPゴシックにした方の「iiiiiwwwww」はバランスがいいはずですかMSゴシックを指定した「iiiiiwwwww」はとてもバランスが悪いはずです。

で、どちらを使うのがいいのかというご質問もいただくことになるわけですが、これはケースバイケースです。

一般的にOffice製品などで資料を作るような場合は、プロポーショナルフォントを使う方が見た目キレイになることの方が多いと思いますが、等幅フォントを使う方がキレイに見えるケースも勿論あります。
等幅フォントを使う方がいい最も一般的な例は、テキストメールの表示用フォントです。テキスト形式のメールで表などが作られている場合、プロポーショナルフォントを使うとまず表として見ることはできないような状態になってしまいます。個々の文字の幅が異なるわけですから。

[スポンサードリンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » MSゴシックとMSPゴシックって何が違うの−等幅フォント・固定ピッチフォントとプロポーショナルフォント

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » MSゴシックとMSPゴシックって何が違うの−等幅フォント・固定ピッチフォントとプロポーショナルフォント

「Windows(ウィンドウズ)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.