Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 条件に一致するセルの数を数えたい−COUNTIF関数

条件に一致するセルの数を数えたい−COUNTIF関数

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

実務では、条件に合致したセルの数をカウントしたいということがあります。

例えば、アンケートを実施してその集計をするようなケースです。

[スポンサードリンク]

そんなときには、COUNTIF(カウントイフ)という関数を使います。

▼操作方法:条件に一致したセルの個数を数える
※A2:C11セルにアンケートの回答として1〜3の数値が入力されていて、「3」と回答された数をカウントする例

「=COUNTIF(C2:C11,3)」
という計算式を入力する

第1引数でセル範囲を指定し、第2引数で条件を指定します。

セルを参照して条件を指定することもできます。

上記の例でG4セルに条件が入力されているのなら
「=COUNTIF(C2:C11,G4)」
とします。

また、B2:B11セルに性別が入力されていて「女」と入力されているデータの数を調べたいのならば、「=COUNTIF(B2:B11,"女")」
と、文字列をダブルクォートでくくって指定します。
(先の数値の例では「3」をダブルクォートでくくっていませんでした。)

文字列の場合もセルを参照して条件を指定できます。
上記の性別の例でG7セルに条件が入力されているのなら
「=COUNTIF(B2:B11,G7)」
とします。

▼サンプルファイル(000448.xls 37KByte)ダウンロード

サンプルファイルの、F3:F4セルおよびF6:F7セルに上記のようなCOUNTIF関数が入力してありますので、ご確認ください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 条件に一致するセルの数を数えたい−COUNTIF関数

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 条件に一致するセルの数を数えたい−COUNTIF関数

「統計」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.