Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » 大量のファイルを簡単に選択する方法−選択の切り替え

大量のファイルを簡単に選択する方法−選択の切り替え

対象:Windows7, WindowsVista, WindowsXP

エクスプローラーで大量のファイルを選択しなければならないとき、どんな操作をしてらっしゃいますか?

[Ctrl]キーを押しながら、クリックしたりドラッグしたりといった操作を行っている方が多いんと想像しています。

そんな操作をしている途中で、うっかり本当は選択する必要のないファイルを選択してしまったりして、イライラした経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

たくさんのファイルが存在しているフォルダで、選択する必要のないファイルが数個で残りのファイルを全部を選択したいという場合、実はかなり簡単にファイルを選択する方法がありますのでご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

[選択の切り替え]というコマンドを利用します。


▼操作手順:大量のファイルを選択する
エクスプローラーで、
 本当は選択する必要のないファイルを選択
 ↓
メニュー[編集]−[選択の切り替え]をクリック

上記の操作で、先に選択されていなかったファイルが選択され、先に選択しておいた本当は選択する必要のないファイルが選択されていない状態になります。

フォルダに複数のファイルがあって、選択したくないファイルが数個で残りを選択したいという場合、かなり便利だと思います。

Windows 7やVistaでメニューバーが表示されていない場合、[Alt]キーを押していただければメニューバーが表示され、メニュー[編集]−[選択の切り替え]を実行できるようになります。

大量のファイルを選択するのに苦労した経験があるという方は、是非一度お試しください。

[スポンサードリンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » 大量のファイルを簡単に選択する方法−選択の切り替え

TrackBack:1

TrackBack URL
Windows8では、ファイル選択の切り替えが簡単に from インストラクターのネタ帳
対象:Windows8 Windows 8ではエクスプローラーにもリボンUIが採用されました。 それによって、以前から存在していたコマンドが、ユーザーの...
[スポンサードリンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » 大量のファイルを簡単に選択する方法−選択の切り替え

「Windows(ウィンドウズ)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.