Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 絶対参照を一括解除して相対参照に

対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007

「エクセル 絶対参照 一括解除」
「絶対参照をすべて相対参照に」
といった検索をこのサイトの検索ログで見かけることがあります。

数式内のセル参照を、絶対参照から相対参照にするという作業を、一括で行いたいという方の検索でしょう。

通常数式入力途中なら[F4]キーで参照方式を変更できます。

この検索で求められているのはそのような一般的な操作ではなく、絶対参照を利用している完成した数式がワークシートに複数存在しているときに、一括で絶対参照から相対参照にする方法です。

このサイトではその逆について既にご紹介しています。

すべてのセル参照を絶対参照にするマクロをご紹介しています。

[スポンサードリンク]

すべてのセル参照を絶対参照にするためにはマクロを作成する必要がありましたが、その逆についてはマクロは不要です。


▼操作概要:絶対参照を一括解除して相対参照にする
置換機能で「$」を削除する

数式でない場所で「$」記号が使われていないことが大前提となりますが、「$」を削除してしまえば相対参照になるので、「$」を一括削除すれば絶対参照を一括解除できてしまいます。

実行前にセル範囲を選択しておけば、その範囲内だけ「$」を一括削除することも可能です。

絶対参照を一括解除したいという方は是非ご確認ください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 絶対参照を一括解除して相対参照に

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 絶対参照を一括解除して相対参照に

「Excel(エクセル)の関数・数式の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.