Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 数式が勝手に変更されないように−絶対参照

数式が勝手に変更されないように−絶対参照

対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007

リストオートフィル機能有効時に数式が自動的に変更される可能性があることと、名前を使うことでその危険性を回避できることをご紹介しました。

他にもリストオートフィル機能によって数式が勝手に変更されてしまう回避方法がありますのでご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

名前を使って回避する方法よりもお手軽といえる方法です。


▼操作概要:リストオートフィル機能有効時にも数式が自動的に変更されないようにする

数式を絶対参照にする

絶対参照にしておけば、リストオートフィルが有効でも数式が自動的に変更されません。

絶対参照といえば、数式をコピーする際に参照先セルを変更しないために利用するものですが、リストオートフィル機能によって数式が勝手に変更されるのを回避するのにも利用できるのです。

▼サンプルファイル(003488.xls 24KByte)ダウンロード

サンプルファイルの
「絶対参照」シートでは
  B14セルに「=SUM($B$2:$B$7)」
  B15セルに「=SUM($B$8:$B$13)」
「相対参照」シートでは
  B14セルに「=SUM(B2:B7)」
  B15セルに「=SUM(B8:B13)」
という計算式をそれぞれ入力してあります。

リストオートフィル機能がOnの状態のまま、「相対参照」シートでB2セルから順番にデータを入力していくとB14セルの計算式が自動的に変更されること、「絶対参照」シートのB2セルから順番にデータを入力していった場合には、計算式が自動的に変更されないことをご確認ください

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 数式が勝手に変更されないように−絶対参照

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 数式が勝手に変更されないように−絶対参照

「Excel(エクセル)の関数・数式の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.