Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » VBAでセル内文字列を回転する

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Excel(バージョン2110 ビルド14527.20276 Microsoft Store)

「エクセル 文字 回転 90度 VBA」
といった検索キーワードで時折アクセスがあります。

セルに入力されている文字列をExcel VBAで回転するには、どのようなコードを書けばいいのかを探していらしたのでしょうか。

[スポンサードリンク]

セル内文字列を回転するサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行すると、アクティブセルの文字列が90度回転されます。

Sub 文字列を90度回転する()
 ActiveCell.Orientation = 90
End Sub

Rangeオブジェクトに用意されているOrientationプロパティに、数値等を設定することで、

セル内の文字列を回転できます。

マクロ記録も利用しましょう

Excelで、選択されているセルの文字列を回転する操作をマクロ記録すると、以下のようなコードができます。

With Selection
    .HorizontalAlignment = xlGeneral
    .VerticalAlignment = xlCenter
    .WrapText = False
    .Orientation = 90
    .AddIndent = False
    .IndentLevel = 0
    .ShrinkToFit = False
    .ReadingOrder = xlContext
    .MergeCells = False
End With

先ほどの、

 ActiveCell.Orientation = 90

は、このマクロ記録で作られたコードを参考にしたものです。

Range.Orientationには定数も指定できる

Range.Orientationプロパティには、XlOrientation列挙型に定義されている、

以下のような定数も指定できます。

定数
xlHorizontal-4128
xlVertical-4166
xlDownward-4170
xlUpward-4171
[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » VBAでセル内文字列を回転する

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » VBAでセル内文字列を回転する

「ExcelVBA Rangeオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.