Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » RangeクラスのTextプロパティを設定できません。とは

RangeクラスのTextプロパティを設定できません。とは

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Excel(バージョン2203 ビルド15028.20160 Microsoft Store)

「vba rangeクラスのtextプロパティを設定できません」
といった検索キーワードで時折アクセスがあります。

[スポンサードリンク]

RangeクラスのTextプロパティを設定できません。となるサンプル

以下のExcelマクロを実行すると、
「RangeクラスのTextプロパティを設定できません。」
実行時エラーが発生します。

Sub RangeクラスのTextプロパティを設定できません。実行時エラーを発生させる()
 Cells(1, "A").Text = "abc"
End Sub

アクティブシートのA1セルに、文字列「abc」を入力しようとしているコードです。

RangeクラスのTextプロパティを設定できません。となる原因

「RangeクラスのTextプロパティを設定できません。」実行時エラーが発生する原因は、Range.Textプロパティにあります。

オブジェクトブラウザーの詳細ペインに「読み取り専用」と表示されているとおり、

Rangeオブジェクトに用意されているTextプロパティは設定ができないタイプのプロパティだからです。Range.Textプロパティは、セルに表示されている文字列を取得することしかできないプロパティです。

セルに文字列を入力したいのであれば、別のプロパティを使いましょう。

セルにデータを入力するならRange.Value

以下のコードならば、A1セルに文字列「abc」を入力できます。

Cells(1, "A").Value = "abc"

オブジェクトブラウザーを確認すると、

RangeオブジェクトのValueプロパティの場合、先ほどのTextプロパティとは異なり「読み取り専用」表示が詳細ペインにありません。

最終更新日時:2022-04-21 15:23

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » RangeクラスのTextプロパティを設定できません。とは

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » RangeクラスのTextプロパティを設定できません。とは

「ExcelVBA Rangeオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.