Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 名前の定義をVBAで行うには-Range.Name

名前の定義をVBAで行うには-Range.Name

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Excel(バージョン2203 ビルド15028.20228 Microsoft Store)

「VBA 名前の定義 range」
といった検索で時折アクセスがあります。

この検索キーワードだけでは何を探していらしたのかわかりませんが、ここではVBAから名前を定義する簡単なコードをご紹介します。

[スポンサードリンク]

Range.Nameプロパティで名前の定義が可能

Rangeオブジェクトに用意されているNameプロパティを使えば、VBAから名前の定義ができます。

オブジェクトブラウザーの詳細ペインに「読み取り専用」表示がないことから、Range.Nameプロパティは取得だけでなく、設定も可能なプロパティであることがわかります。

Range.Nameで名前を定義するサンプルマクロ

簡単なマクロで実際の挙動を確認しましょう。

Sub 名前を定義する()
 Range("A1:G7").Name = "名前のサンプル"
 Range("名前のサンプル").Select
 MsgBox Range("名前のサンプル").Address(False, False)
End Sub

上記のExcelマクロを実行すると、アクティブシートのA1:G7セルに「名前のサンプル」という名前が定義され、

Range("A1:G7").Name = "名前のサンプル"

定義したばかりの名前「名前のサンプル」を使って、選択が行われ、

Range("名前のサンプル").Select

そのセル範囲のアドレスがメッセージボックスに表示されます。

MsgBox Range("名前のサンプル").Address(False, False)

上記のSubプロシージャ実行後にExcelの名前ボックスを確認すれば、もちろん下図のとおり、

「名前のサンプル」が表示されます。

最終更新日時:2022-07-28 14:04

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 名前の定義をVBAで行うには-Range.Name

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 名前の定義をVBAで行うには-Range.Name

「ExcelVBA Rangeオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.