Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » Excel VBAの Operation:=xlNone とは

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Excel(バージョン2210 ビルド15726.20202 Microsoft Store)

「Operation:=xlNone」
という検索で、アクセスがありました。

Excelの[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスを使った操作を

マクロ記録をすると作られるコードについて、調べていた方による検索でしょう。

[スポンサードリンク]

Operation:=xlNoneは演算なし

「Operation:=xlNone」は、マクロ記録するときに、[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックス-[演算]で[なし]を

選択していると作られるコードです。

Operation:=xlNoneは省略可能

マクロ記録して作られるコードは、

Selection.PasteSpecial Paste:=xlPaste〇〇, Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False

といった形になっていると思うのですが、実際にはRangeオブジェクトのPasteSpectialメソッドです。

オブジェクトブラウザーの詳細ペインで、引数Operationは [ ] で括られていることからわかるとおり、必須ではありません。ですから、「Operation:=xlNone」は削除して構いません。

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » Excel VBAの Operation:=xlNone とは

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » Excel VBAの Operation:=xlNone とは

「ExcelVBA Rangeオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.