Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 論理・情報 » 数値以外が入力されたら空白を表示する−IF関数・ISNUMBER関数

数値以外が入力されたら空白を表示する−IF関数・ISNUMBER関数

対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007

IF関数についてこのサイトで検索が行われるのを見かけることは少なくありません。

「エクセル IF関数 数値 以外 空白」
「IF関数で数字以外なら空白を表示したい」
といった検索を見かけることがあります。

Excelを表計算ソフトとして使えるために

Excelを、表を作るためのソフトではなく、表計算ソフトとして使えるようになるためにはいくつかハードルがあります。

IF関数を使えるようになることは、絶対参照と相対参照を理解していることとあわせて、非常に重要なハードルだと私は考えています。

絶対参照と相対参照が理解できていなければ、表計算の便利な部分を享受できなくなってしまいます。

IF関数が理解できていなければ、条件によって表示や計算を切り換えるといったことができません。

そんなIF関数の第1引数・論理式にどのような式を入力すればいいのかは、Excel初心者の方の多くがつまづくポイントでもあります。

[スポンサードリンク]

数値以外が入力されたら空白を表示するサンプル

先の検索も、どのような論理式にすればいいのかわからないという方によるものでしょう。

▼操作方法:数値・数字以外が入力されたときに空白を表示する
※A1セルが数値のときにはA1セルの値をそのまま、数字・数値でない場合は空白を、B1セルに表示する例
B1セルに
  =IF(ISNUMBER(A1), A1, "")
という数式を入力する

数値かどうかを判定してくれるISNUMBER関数を利用すると、簡単に数値かどうかという判断ができます。

ISNUMBER関数関数は、引数に数値が指定されればTRUE、数値でない値が指定されるとFALSEを返してくれる関数です。

上記の例は、数値が入力されたときはその数値をそのまま表示し、そうでない場合は空白を表示するという条件ですので、IF関数の第2引数にそのままの値を表示するために「A1」、第3引数には空白を表示するために「""」(ダブルクォーテーション2つ)を指定しています。

最終更新日時:2022-08-17 14:44

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 論理・情報 » 数値以外が入力されたら空白を表示する−IF関数・ISNUMBER関数

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 論理・情報 » 数値以外が入力されたら空白を表示する−IF関数・ISNUMBER関数

「論理・情報」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.