Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » ピボットテーブルウィザードの基本操作

対象:Excel2002,Excel2003

ある程度Excelを使いこなしている方から
「ピボットテーブルというのはどうやって使うものなのでしょう?」
「ピボットテーブルってどうやったら使えるんですか?」
というご質問をいただくことがあります。

メニュー[データ]−[ピボットテーブルとピボットグラフレポート]をクリックすると、[ピボットテーブル/ピボットグラフウィザード]が起動し、ピボットテーブルを使い慣れた方なら簡単にピボットテーブルを作成できます。

[スポンサードリンク]

しかし、ピボットテーブルをご存知ない方の場合は、折角ウィザードが起動しても、その先どうしていいのかまるでわからないことが多いようです。


▼操作概略:Excelのリストからピボットテーブルを作成する
ピボットテーブルの元となるリスト(データベース)内にカーソルを移動
 ↓
メニュー[データ]−[ピボットテーブルとピボットグラフレポート]をクリック
 ↓
[ピボットテーブル/ピボットグラフウィザード]に従って操作
 ↓
作成された空白のピボットテーブルの適切なエリアに、
フィールドをドラッグアンドドロップ

Excelでグラフを作成する場合、ワークシート上に何らかのデータが必要です。ピボットテーブルの場合にも、分析対象とする何らかのデータベースが必要です。

「ピボットテーブルはどうやって使うものなのか?」というご質問をされる方のほとんどが、分析対象とするデータのない状態から操作しようとするため、どうしようもなくなってしまうようです。

ピボットテーブル作成の基本操作をFlash動画にしましたので、ピボットテーブルの作成方法がわからないという方はご確認ください。

\n"; ?>▼Flashによる操作説明(音声付き:1,754KByte)

またピボットテーブルを実際に使ってみたいという方は、サンプルファイルを使ってまずは同様の操作をしてみることをおすすめします。

▼サンプルファイル(001563.xls 39KByte)ダウンロード

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » ピボットテーブルウィザードの基本操作

TrackBack:1

TrackBack URL
ピボットテーブルで平均を求める from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003 ピボットテーブルを作成したときに、元のデータの種類によって、データの個...

Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » ピボットテーブルウィザードの基本操作

「ピボットテーブル・ピボットグラフ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.