Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » Excel 2007(エクセル2007) » Excel2007で連続データの作成は?

対象:Excel2007

連続したデータの作成を行うには、フィルハンドルをドラッグしたり、ダブルクリックしたりといったオートフィルが便利です。

しかし、1から1000までの連続データを作成するようなときには、メニュー[編集]−[フィル]−[連続データの作成]をクリックして表示される[連続データ]ダイアログを使った操作が便利です。

[スポンサードリンク]
インターフェースの変更に伴い、
「Excel 2007で連続データの作成はどこに行ったのだろう?」
という疑問を持つ方もいらっしゃるようです。
▼操作方法:連続データダイアログを表示する
[ホーム]タブ
 −[編集]グループ
  −[フィル]
   −[連続データの作成]をクリック

[連続データの作成]コマンドは、便利だと思うのですが、一般的には使用頻度が低かったのでしょう。ちょっとわかりにくいと感じる場所に配置されています。

[ホーム]タブ−[編集]グループ−[フィル]−[連続データの作成]

表示された[連続データ]ダイアログの操作は、2003までのExcelと同じです。

[スポンサードリンク]

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » Excel 2007(エクセル2007) » Excel2007で連続データの作成は?

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » Excel 2007(エクセル2007) » Excel2007で連続データの作成は?

「Excel 2007(エクセル2007)」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.