Home » Excel(エクセル)の使い方 » データベース・検索 » 検索の機能アップ−すべて検索

対象:Excel2002,Excel2003

2000までのExcelの検索機能はかなり不親切で、検索が終わっても何もメッセージを出してくれなかったものですから、操作している方が気をつけていないといつまでも同じ箇所を無限に検索をし続けるハメに陥ってしまうものでした。

[スポンサードリンク]
2002からは[すべて検索]ボタンが加わったことで、検索が随分便利になったように感じます。
([次を検索]ボタンは以前の仕様のままですが...)
▼操作手順:すべて検索を行う
メニュー[編集]−[検索]をクリック
 ↓
[検索と置換]ダイアログ−[検索]タブ−[検索する文字列]欄に、
検索したい文字を入力
 ↓
[検索と置換]ダイアログ−[すべて検索]ボタンをクリック

上記の操作を行うと、[検索と置換]ダイアログに、シート名・セルの番地・値・数式などが一覧となって表示されます。
そしてその検索結果をクリックすると、ワークシート上の該当セルがアクティブになります。

また、以前の検索機能では、ダイアログを閉じないとシートを操作することはできなかったのですが、2002からはダイアログを表示したままでもシートを操作できるようになっています。

ちなみに、ダイアログを表示した元のウィンドウが操作できなくなるダイアログをモーダルダイアログ、ダイアログ表示したままで表示元のウィンドウを操作できるタイプのダイアログをモードレスダイアログと呼びます。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » データベース・検索 » 検索の機能アップ−すべて検索

Home » Excel(エクセル)の使い方 » データベース・検索 » 検索の機能アップ−すべて検索

「データベース・検索」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.