Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » Excelで改行の文字コードは

Excelで改行の文字コードは

対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010, Excel2013

「エクセル 改行コード」
という検索で、このサイト『インストラクターのネタ帳』へのアクセスが時折見られます。

Excelでは、文字入力の途中で[Alt]+[Enter]キーを押せばセル内で改行できます。

このセル内改行の、文字コード番号・コードポイントについて調べている方による検索でしょう。

[スポンサードリンク]

Excelの改行コードは10・0A・Line Feed

結論からお伝えすると、ASCIIコードの10進数の「10」(16進数なら「0A」)、LF(Line Feed)が、Excelの改行コードです。

Windows環境の改行コードは、通常はCR+LF(10進の13+10・16進の0D+0A)ですけれど、Excelのセル内改行コードはLFです。

改行コードをCODE関数で調べる

CODE関数を使えば、Excelの改行コードを調べられます。

▼操作手順:改行コードを調べる
※A1セルの1文字目でセル内改行が行われているときにB1セルにASCIIコードを表示する例
A1セルの中にカーソルがある状態で[Alt]キー+[Enter]キーを押して、セル内改行を行う
 ↓
B1セルに
  =CODE(A1)
という数式を入力する

CODE関数は、引数に指定された文字列の、先頭の1文字目のみの文字コード番号を返すので、A1セルにはセル内改行のみを入力してください。

上記の操作をしていただければB1セルには「10」と表示されます。

文字列を連結する時に数式で改行を入れたい場合、CHAR関数の引数に上述の「10」を指定します。

最終更新日時:2020-09-17 05:52

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » Excelで改行の文字コードは

TrackBack:5

TrackBack URL
VBAのIf文で改行を含むか判定する-InStr関数 from インストラクターのネタ帳
文字列の中に改行コードが含まれているかどうかを判定するInStr関数を使ったマクロと、Mid関数で一文字ずつ取り出してチェックするマクロをご紹介しています。
セル内改行には vbCrLf ではなく vbLf を使いましょう from インストラクターのネタ帳
Excel VBAでセル内改行の挿入を行うには、定数・vbCrLfではなくvbLfを使いましょう。
SUBSTITUTE関数で改行の置換削除-CHAR(10) from インストラクターのネタ帳
CHAR関数を組み合わせると、SUBSTITUTE関数でセル内改行を置換削除することができます。
Replaceメソッドでセル内改行を削除する from インストラクターのネタ帳
Rangeオブジェクトに用意されているReplaceメソッドを使って、セル内改行を削除するExcel VBAのサンプルをご紹介しています。
TEXTJOIN関数で改行を from インストラクターのネタ帳
ExcelのTEXTJOIN関数で、改行を区切り文字にして文字列を連結する方法をご紹介しています。

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » Excelで改行の文字コードは

「文字列」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.