Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » 数値を文字列に変換する-空白文字列の連結

数値を文字列に変換する-空白文字列の連結

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Excel(バージョン1910 ビルド12130.20390 Microsoft Store)

「excel 数字を文字に変換」
という検索キーワードに気が付きました。

どこに存在する数値を、どこで文字列に変換するのか、どれくらいのデータ量があるのか、などによって、いくつかの方法が考えられます。

ちょっと検索してみると、もっとも基本的といえる方法について、あまり触れられていないように感じましたので、記事にしておきます。

[スポンサードリンク]

数値を文字列に変換する

以下の方法で、A1セルに入力されている数値が、B1セルで文字列に変換されます。


▼操作概要:数値を文字列に変換する
※A1セルに数値が入力されているときにB1セルで文字列に変換する例
B1セルに
  =A1 & ""
と入力する

文字列としての数字に、1を掛け算したり、0を足したりすると、数値に変換できます。

その逆の処理を行っているのが、空白文字列を連結する処理です。

数値が文字列に変換されていることを確認する

上記の操作でA1セルの数値が、B1セルで文字列に変換されていることを確認しましょう。

文字列は左揃えで表示される

まずB1セルに表示されている数字は左揃えになっているはずです。

Excelのセルで、書式設定が行われていなければ、数値は右揃え、文字列は左揃えで表示されるのが基本です。

ISTEXT関数で確認する

文字列かどうかを判定するISTEXT関数でも、B1セルのデータが文字列であることを確認できます。

C1セルに
  =ISTEXT(B1)
と入力すると、C1セルには論理値のTRUEが表示されます。

最終更新日時:2019-11-27 17:03

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » 数値を文字列に変換する-空白文字列の連結

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » 数値を文字列に変換する-空白文字列の連結

「文字列」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.