Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » ひらがなをカタカナに変換する関数−PHONETIC関数

ひらがなをカタカナに変換する関数−PHONETIC関数

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

Excelを使ってデータベースを作成している方から、いただく質問があります。

「ひらがなをカタカナに変換したいのですが...?」
「ひらがなをカタカナにする関数は何ですか?」
といったご質問です。

例えば複数のデータベースをマージした場合に、氏名や住所などのふりがなに、ひらがなとカタカナが混在してしまったようなときにこの質問をいただくことになります。

[スポンサードリンク]

以前、ふりがなを取得するPHONETIC関数をご紹介しましたが、この関数でひらがなをカタカナにすることが可能です。


▼操作手順:ひらがなをカタカナに変換する
(A1セルにひらがなが入力済みで、B1セルにカタカナを表示させる例)

B1セルに、「=PHONETIC(A1)」と入力し[Enter]キーを押す

漢字にフリガナをふるのとまったく同じ関数を入力してやればいいのです。
そうすることで、ひらがなのフリガナが取得できてカタカナにすることができます。

PHONETIC関数は、引数に指定されたセルの設定に基づいてフリガナを取得しますので、半角カタカナに変換したいのであれば、上記の例の場合引数のA1セルの設定を変更してください。

またこの原理がわかればカタカナからひらがなに変換するのも同様の方法でOKです。引数に指定されたセルで変換したい文字列を指定しておいてください。

設定方法については以下のネタをご参照ください。


注意すべき点は、ついつい関数の入力されているセルで、[ふりがなの設定]ダイアログの設定を行ってしまいがちなところです。あくまでも関数の引数に指定された元データセルで設定してください。
サンプルファイルの場合、A列で[ひらがな][全角カタカナ][半角カタカナ]の設定を行っていますので、ご確認ください。

▼サンプルファイル(002079.xls 16KByte)ダウンロード

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » ひらがなをカタカナに変換する関数−PHONETIC関数

TrackBack:1

TrackBack URL
[Excelスキル]ひらがなをカタカナに変換する関数−PHONETIC関数(インストラクターのネタ帳様) from 北北南南西東西東晩朝
割と知られていない関数の一つである、フォネティック関数についてのエントリー。 このスキルは、普段の使い方ではなかなか利用機会が無かったりもするのですが、いざという時に覚えておけば、必ず楽にシートを作成する手助けになってくれるはずですよ〜!
[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » ひらがなをカタカナに変換する関数−PHONETIC関数

「文字列」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.