Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » CONCAT関数とIF関数で指定範囲のセルがすべて空白なら空白にする

CONCAT関数とIF関数で指定範囲のセルがすべて空白なら空白にする

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Excel(バージョン2209 ビルド15629.20156 Microsoft Store)

検索キーワード
「a1からa10まで空白なら空白にする数式」
をきっかけにして、指定した範囲のセルがすべて空白なら空白にする、COUNTA関数とIF関数を使った式をご紹介しました。

最近のExcelならば、CONCAT関数とIF関数を使う方法も考えられます。

[スポンサードリンク]

指定範囲の全セルが空白なら空白にするサンプル

以下のような式です。

▼操作概要:指定範囲のすべてのセルが空白ならば空白にする
※A1:A10セルの全セルが空白のとき空白を、空白でないセルが1つでもあれば文字列「空白でないセルがあります」を、A11セルに表示する例
A11セルに
  =IF(CONCAT(A1:A10)="", "", "空白でないセルがあります")
と入力する

=IF(CONCAT(A1:A10)="", "", …の意味

CONCAT関数は、引数に指定されたセル範囲等の文字列を連結してくれます。

上記の式では、A1:A10セルの文字列をすべて連結した文字列と

=IF(CONCAT(A1:A10)="", "", "空白でないセルがあります")

空白文字列(ダブルクォーテーション2個)を比較して、

=IF(CONCAT(A1:A10)="", "", "空白でないセルがあります")

同じであれば、空白文字列を出力しています。

=IF(CONCAT(A1:A10)="", "", "空白でないセルがあります")

COUNTA関数を使う式とは空白の判定が異なる

ご紹介済みの、COUNTA関数を使った

=IF(COUNTA(A1:A10)=0, "", "空白でないセルがあります")

と今回のCONCAT関数と使う式とでは、

=IF(CONCAT(A1:A10)="", "", "空白でないセルがあります")

空白の判定が微妙に異なります。

COUNTA関数の場合、A1:A10セルのいずれかに

=""

のような式の結果として空白になっているセルがある場合、そのセルは空白とはみなされません。

それに対し、今回のCONCAT関数を使った場合は、式の結果としての空白も空白と判定してくれます。

最終更新日時:2022-10-21 13:46

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » CONCAT関数とIF関数で指定範囲のセルがすべて空白なら空白にする

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » CONCAT関数とIF関数で指定範囲のセルがすべて空白なら空白にする

「文字列」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.