Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » ワークシートを非表示に−書式-シート-表示しない

ワークシートを非表示に−書式-シート-表示しない

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

Excelでちょっとした業務用アプリケーションを作ると、ユーザーには見せたくない・見せる必要のないマスターデータのようなものが作られます。

例えば、VLOOKUP関数の検索範囲にするデータリストや、入力規則のリスト用データなどです。

そんなときにそのマスターデータを一つのワークシートにまとめ、そのワークシートを非表示にしておきたい、隠したいという要望が出ます。

[スポンサードリンク]
決して難しくはないのですが、たまにしか行わない操作なのでどう操作すればよかったのか、忘れてしまいがちなようです。
▼操作方法:ワークシートを非表示にする
メニュー[書式]−[シート]−[表示しない]をクリック

この操作でアクティブなワークシートが非表示になります。

メニュー[書式]内に、シートを非表示にするコマンドはあります。

非表示シートを再表示するのは以下の手順です。
▼操作手順:ワークシートを再表示する
メニュー[書式]−[シート]−[再表示]をクリック
 ↓
[再表示]ダイアログで
 [表示するシート]を選択後、[OK]ボタンをクリック

Excelで業務アプリケーションを作成するような方は、是非お試しください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » ワークシートを非表示に−書式-シート-表示しない

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » ワークシートを非表示に−書式-シート-表示しない

「Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.