Home » Excel(エクセル)の使い方 » 数式を入力せずに計算する−オートカルク

数式を入力せずに計算する−オートカルク

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

Excelでちょっとした簡単な計算をしたいとき、どうしてますか?

単純な合計や平均を出したり、データの個数をかぞえたりといった場合で、特にその結果をシートに残す必要がないときに。

[スポンサードリンク]
簡単な計算であれば、セルに数式を入れなくても計算してくれる[オートカルク]という機能がExcelにはあります。
▼操作手順:数式を使わず簡単に計算する(オートカルク)
計算をしたいセルを選択
 ↓
ステータスバーの上で右クリックして、
 ショートカットメニューから計算方法をクリックする

下図が上記の操作の途中の状態です。

A1:A10セルを選択してステータスバーで右クリックした状態です。

オートカルク

  • 平均
  • データの個数
  • 数値の個数
  • 最小値
  • 最大値
  • 合計
といった計算方法が表示されています。

上記の操作で合計を選択した場合、下図のような表示が行われます。

オートカルク

A1:A10セルに1から10の自然数が入力されているときに、オートカルクの[合計]を選んだので1から10の自然数の合計55が計算されています。

ステータスバーはExcelウィンドウの一番下の部分で、表示・非表示を切り替えることができます。

そもそもステータスバーが表示されていない場合は、以下の操作を行ってください。
▼操作方法:ステータスバーを表示する
メニュー[表示]−[ステータスバー]をクリックしてチェックのついた状態にする

数式を入力するほどではないけれど、ちょっと合計を確認したいといったようなときに、オートカルクは非常に便利です。オートカルク機能をご存じなかった方は是非ご確認ください。

関連語句
AutoCalculate feature, アベレージ

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » 数式を入力せずに計算する−オートカルク

Home » Excel(エクセル)の使い方 » 数式を入力せずに計算する−オートカルク

「Excel(エクセル)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.