Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » Windows 7(ウィンドウズセブン) » 拡大鏡の表示モードを切り替えるショートカット−Ctrl+Alt+D/F/L

拡大鏡の表示モードを切り替えるショートカット−Ctrl+Alt+D/F/L

対象:Windows7

Windows 7で機能アップした拡大鏡の起動と終了、および拡大と縮小についてご紹介しました。

拡大鏡の表示モードを切り替えながら使うような方の場合、モードを切り替えるショートカットキーも合わせて覚えておくと便利だと思います。

[スポンサードリンク]

拡大鏡が起動した状態で、以下のショートカットキーで表示モードを変更できます。

▼操作方法:全画面モードにする
[Ctrl]キー+[Alt]キー+[F]キー

▼操作方法:レンズモードにする
[Ctrl]キー+[Alt]キー+[L]キー

▼操作方法:固定モードにする
[Ctrl]キー+[Alt]キー+[D]キー

モードの変更は[拡大鏡]ツールバー−[表示]から選択しても可能ですが、特に大きく拡大している場合に[拡大鏡]ツールバーを探すのは面倒です。

表示モードを頻繁に変更するなら、[拡大鏡]ツールバーからの変更よりショートカットキーのほうがおすすめです。

Full Screen Mode(全画面モード)
Lens Mode(レンズモード)
Docked Mode(固定モード)
の頭文字が割り当てられていますから、覚えやすいショートカットキーだと感じます。

拡大鏡の表示モードを変更するショートカットキー、是非一度お試しください。

関連語句
Magnifier, Keyboard shortcuts, キーボードショートカット

[スポンサードリンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » Windows 7(ウィンドウズセブン) » 拡大鏡の表示モードを切り替えるショートカット−Ctrl+Alt+D/F/L

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » Windows 7(ウィンドウズセブン) » 拡大鏡の表示モードを切り替えるショートカット−Ctrl+Alt+D/F/L

「Windows 7(ウィンドウズセブン)」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.