Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 空白セルをカウントしたい−COUNTBLANK関数

空白セルをカウントしたい−COUNTBLANK関数

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

「COUNT」という関数があります。
数値の個数をカウントしてくれます。

似たような関数で「COUNTA」という関数があります。
こちらは数値だけでなくデータの個数を数えてくれます。

これらの関数は初心者・中級者向けのテキストによく出てくるので、ちょっと関数を勉強したことがあればご存知の方が多いものです。

[スポンサードリンク]

空白セルをカウントするにはCOUNTBLANK関数

逆に数値やデータの数ではなく、
「空白のセルをカウントするにはどうすればいいのか?」
「ブランクのセルを数えるにはどうすればいいのか?」
というご質問をいただくことがあります。

▼空白セルの個数をカウントする関数
COUNTBLANK関数

COUNTBLANK関数の使い方は、COUNT関数やCOUNTA関数とよく似ています。

引数にセル範囲を指定すれば、空白セルの数を教えてくれます。

COUNTBLANK関数の注意点

COUNTBLANK関数を使う際は注意点が二つあります。

一つは、数式の結果で作られた空白も空白とみなす点です。
例えばIF関数で、ある条件とのときに「""」(空白文字列)にするような数式があったときも、空白とみなしてカウントします。

もう一つは、本当に空白のセルをカウントする点です。
空白セルに見えてもスペースが入力されているセルはカウントされない、ということはご注意ください。

最終更新日時:2018-09-14 11:56

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 空白セルをカウントしたい−COUNTBLANK関数

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 空白セルをカウントしたい−COUNTBLANK関数

「統計」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.