Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 偏差値の計算方法は?

偏差値の計算方法は?

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

決して頻繁にというわけではありませんが、時々
「Excelで偏差値を計算するにはどうすればいいのでしょうか?」
「偏差値をExcelで求めたいのですが...?」
といったご質問をいただくことがあります。

[スポンサードリンク]

偏差値自体の説明については、以下のようなページをご覧いただくといいでしょう。

サイトによって偏差値の計算式の記述スタイルは様々ですが、
「偏差値を求めたい得点から平均点を引き、標準偏差で割ったものを10倍して、50を足す」
「(偏差値を求めたい得点−平均点)/標準偏差 × 10 + 50」
という計算をすれば求められます。

この数式をExcelにそのままあてはめればOKです。
▼操作手順:偏差値を計算する
※B2:B11セルに得点が入力されているときに、C2:C11セルに偏差値を計算する例
C2セルに、
「=(B2 - AVERAGE($B$2:$B$11)) / STDEVP($B$2:$B$11) * 10 + 50」
という計算式を入力
 ↓
C2セルをC11セルまでオートフィル

「=(B2 - AVERAGE($B$2:$B$11)) / STDEVP($B$2:$B$11) * 10 + 50」

「(偏差値を求めたい得点 − 平均点)/ 標準偏差 × 10 + 50」
をそのままExcelにあてはめた計算式です。

「AVERAGE($B$2:$B$11)」が、B2:B11セルの平均を求める部分で、オートフィルをすることを考慮して絶対参照にしています。

「STDEV($B$2:$B$11)」が、B2:B11セルの標準偏差を求める部分で、こちらもオートフィルをすることを考え絶対参照にしています。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 偏差値の計算方法は?

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 偏差値の計算方法は?

「統計」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.