Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » IME 日本語入力システム » 使わない変換候補は、その都度削除

使わない変換候補は、その都度削除

対象:MS-IME

IMEで単語登録する方法をご紹介しましたが、いらなくなった候補がいつまでも変換時に表示されるのは作業効率は落ちてしまい、よろしくありません。

例えば、「めーる」で自分のメールアドレスが候補として表示されるように登録しておくのは便利な使い方ですが、使わなくなった古いアドレスがいつまでも変換候補として表示されるのは勿論よくありません。

[スポンサードリンク]
漢字辞書をまとめて整理する時間があるときは、まとめて作業するのがいいと思いますが、実務の場合には入力作業をしている最中に
「あーこんな単語、昔そういえば登録したけどもういらないや」
と思うことの方が多いのではないかと思います。
▼操作方法 : 不要な漢字変換候補を削除する
変換候補がプルダウン表示されているときに、
不要な候補を選択してから[Ctrl]キー+[Delete]キーを押す
 ↓
確認メッセージを確認して[はい]をクリック

使わなくなった変換候補は、見かけた時にこまめに掃除しましょう。

この方法は、自分で登録した語句だけでなく、元々表示される候補で不要なものに対しても有効です。

[Ctrl]+[Delete]キーで表示されなくなった変換候補は、完全に削除されたわけではなく品詞が「抑制単語」となって登録されるので、再度使用したくなったときには[Microsoft IME辞書ツール]を起動して、[品詞]が「抑制単語」となっている語句を削除しましょう。

[スポンサードリンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » IME 日本語入力システム » 使わない変換候補は、その都度削除

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » IME 日本語入力システム » 使わない変換候補は、その都度削除

「IME 日本語入力システム」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.