Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » IME 日本語入力システム » IMEショートカットメニュー表示のショートカットキー−Ctrl+F10キー

IMEショートカットメニュー表示のショートカットキー−Ctrl+F10キー

対象:MS-IME2003
IME(Input Method Editor)は日本語を扱う我々にとって、なくてはならないものですが、IMEバーがデスクトップ上にあると結構邪魔なものです。起動しているアプリのどこかを隠してしまうので。
そのため、IMEバーをタスクバーに入れている方も多いんじゃないかと思います。

けれども、IMEバーがタスクバーに入っていると、変換モードの切り替えや単語の登録などはやりにくくなってしまいます。

[スポンサードリンク]

タスクバーに入っているIMEバーをクリックして操作するよりは、ショートカットキーでIMEのショートカットメニューを表示させて操作する方が便利じゃないかと思っています。
ご存知なかった方は一度試してみてください。

▼操作方法 : IMEのショートカットメニューを表示する
IMEがOnの状態で、[Ctrl]キー+[F10]キーを押す
必ずIMEがOnの状態で、[Ctrl]+[F10]を押してください。
Offの状態だと、各アプリのショートカットキーとなってしまいますから。

表示されたメニューから選択すれば、変換モードを切り替えることも、[単語/用例の登録]ダイアログを表示させることもできるわけです。

そもそも、IMEバーの各アイコンが何をしてくれるものなのかいまいちわかりにくいと私は思っているので、ショートカットメニューの方が分かりやすくて気に入っています。

[スポンサードリンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » IME 日本語入力システム » IMEショートカットメニュー表示のショートカットキー−Ctrl+F10キー

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » IME 日本語入力システム » IMEショートカットメニュー表示のショートカットキー−Ctrl+F10キー

「IME 日本語入力システム」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.