Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » VBAで選択したスライドを削除する

VBAで選択したスライドを削除する

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit PowerPoint(バージョン2005 ビルド12827.20336 Microsoft Store)

「vba パワポ 選択したオブジェクト 削除」
という検索キーワードをきっかけにして、選択図形を削除するPowerPoint VBAのコードをご紹介しました。

「選択したオブジェクト」
と表現されているのが何なのか不明ですけれど、スライドの可能性も、否定はできません。

[スポンサードリンク]

選択したスライドを削除するサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行すると、選択スライドが削除されます。

Sub 選択されている図形を削除する()
On Error GoTo ErrHandl

 ActiveWindow.Selection.SlideRange.Delete

Exit Sub
ErrHandl:
 MsgBox "スライドを選択してから実行してください。"
End Sub

PowerPoint VBAのコードを見慣れていないと、先日ご紹介したSubプロシージャと何が違うのか、よくわからないかもしれません。

図形を削除する場合は、

ActiveWindow.Selection.ShapeRange.Delete

だったのに対して、今回は、

ActiveWindow.Selection.SlideRange.Delete

です。

かくいう私も、PowerPoint VBAのコードでShapeRangeとSlideRangeを見間違えることが、結構あります。

ActiveWindow.Selection.SlideRangeで選択スライドを取得できる

拙著『いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本』の、P.123に「アクティブなスライドを表すオブジェクト」というワンポイント(いわゆるコラム)を書きました。

このワンポイントで、上記のSubプロシージャで利用しているコード

ActiveWindow.Selection.SlideRange

をご紹介しています。

SlideRangeはSlideとSlidesの特徴を併せ持つオブジェクトで、ShapeRangeオブジェクトと同じようにDeleteメソッドが用意されています。

選択図形を削除するコードと同様に、スライドが選択されていないときには「ActiveWindow.Selection.SlideRange」で実行時エラーが発生しますから、やはりエラートラップを入れています。

最終更新日時:2020-06-24 12:10

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » VBAで選択したスライドを削除する

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » VBAで選択したスライドを削除する

「Slide・スライド」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.