Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » VBAでシートをコピーしたときの戻り値は?

VBAでシートをコピーしたときの戻り値は?

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Excel(バージョン2005 ビルド12827.20336 Microsoft Store)

「vba シートコピー 戻り値」
という検索キーワードで、このサイト『インストラクターのネタ帳』へアクセスがありました。

Excel VBAでシートをコピーするメソッドの戻り値が何か、調べていた方による検索です。

[スポンサードリンク]

定義上Worksheet.Copyに戻り値はない

こういった疑問は、オブジェクトブラウザーを確認すれば解決します。

オブジェクトブラウザーのクラスペインで「Worksheet」を選択してから、メンバーペインで「Copy」を選択します。

すると、Worksheet.Copyメソッドがどう定義されているかを、詳細ペインで読み取れます。

詳細ペインには
  Sub Copy([Before], [After])
と表示されています。識別子(名前)「Copy」の前に「Sub」と表示されています。

これは、Subプロシージャ的なコードであることを示しています。つまり戻り値がないと定義されているのです。

もしも、戻り値があるメソッドであったならば、
  Function Copy([Before], [After])
のように表示されているはずです。

例えば、Worksheet.PivotTablesメソッドのように。

Worksheet.Pasteも戻り値はない

ちなみに、貼り付けを行うWorksheet.Pasteメソッドも、下図のとおり戻り値はない形で定義されています。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » VBAでシートをコピーしたときの戻り値は?

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » VBAでシートをコピーしたときの戻り値は?

「Sheets・Worksheet」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.